Wordpress 記事 複製。 【WordPress】記事の複製はプラグイン「Duplicate Post」にお任せを

【WordPress】 記事を複製する Duplicate Post

複製元を表示:• 続いて、「今すぐインストール」ボタンをクリックしよう。 comにアクセスしたユーザーへのコンテンツプロモーションに使用されます。 外観>CSSの編集 WordPressの管理画面上でCSS カスケーディングスタイルシート を直接編集できます。 Hotjar ユーザーのニーズをよりよく理解し、kinsta. なので、積極的にはおすすめしません。 ここに関しても、別段いじる必要はないでしょう。 php ヘッダーに記述するする内容 ロゴ、メニュー、metaタグなど footer. 心配しないでください。

Next

Duplicate Postプラグイン(記事/固定ページを複製する)

移行先のWordPressサイトでインポートを実行• 広告の対象を設定することに、またはkinsta. それらの情報なども含めて、完全に全く同じブログをコピーして複製したい場合には、別のというプラグインを使う必要があります。 まず、複製する投稿タイプと投稿のステータスを選択します。 上の画像のプラグインをインストールします。 おめでとうございます!これで、WordPressサイトの投稿と固定ページを複製するための独自のプラグインができました。 次に、新しい投稿を作成します。

Next

1つのWordPressで複数のサイトを作る「マルチサイト機能」を試す その1

場合、または多くのメディアが含まれている場合、すべてのコンテンツをもう一度追加するのは非常に骨の折れる作業に感じるかもしれません。 既存のサイトで行う場合は 必ずバックアップを取る必要があるようです。 Clone Cloneをクリックすると、記事を複製し下書き保存することができます。 記事の複製(コピー)だけに限りませんが、こんなことがしたい。 編集画面• 複製された投稿記事が【コピー:ブログ記事タイトル】で下書き保存されます。

Next

DuplicatePostの使い方

setAttribute "type","button" ,P. comへの訪問者をよりよく支援できるようにすることに使用されます。 記事ができたらタイトルやキーワード、アイキャッチ画像を設定して『公開』ボタンをクリック。 移行元と移行先では別のテーマを使用することを想定。 権限 ここでは、 「 記事のコピーが行えるユーザー」 の設定を行うことができます。 つまづくこともあると思いますが、ワードプレスでガシガシ表現を楽しみましょう! これでブログ投稿ができるようになりました。 Duplicate Postは設定不要ですぐに使うことが出来ますが、設定方法を確認したい方向けに解説しています。 「今すぐインストール」ボタンはクリック後、自動で「有効化」ボタンに変化する。

Next

Duplicate Postの使い方と設定方法|記事を複製できるプラグイン

なお、デフォルトで複製される要素とされない要素は、下記の通りだ。 記事を作っていったら、ちょこちょこプレビューで確認しながら記事制作を進めていきましょう。 投稿一覧• 0で導入された最新のエディタ「Gutenberg」にも対応し、互換性がある。 投稿・固定ページといった、個別設定ができないのが少し難点ですが、 とても便利なので使ってみてください。 編集画面から複製する 編集一覧から複製する場合、複製したい記事の編集画面から 「下書きとして複製」を選択します。 記事一覧の画面で「新規下書き」メニューをクリックした場合と同じように記事が複製され下書きとして保存された上で複製された記事が編集画面で表示された状態となります。

Next

WordPressで記事を簡単に複製できるプラグイン「Duplicate Post」

一覧にあれば十分です。 次に、編集画面の右上にある省略記号(3点リーダー)をクリックします。 そして、これらのファイルを束ねるPHPファイルも別に用意されています。 WordPressで固定ページまたは投稿を複製するには(半手動) プラグインをインストールする時間を節約できるため、複製する投稿が1つしかない場合、この方法の方が速いでしょう。 href;if t. 複製しないタクソノミー タクソノミーの複製可否を決めます。 検索エンジンで表示されるのがタイトルです。

Next