Ntt データ 組織 図。 会社概要|会社情報|NTTデータソフィア株式会社

組織図・事業内容|会社案内|株式会社NTTデータ北海道

その後、NTTデータはブログサービスを再開することなく、「ブログシステムを構築するための技術的知見、およびを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できた」として、同サービスからの撤退を決定した。 2015年3月31日付けで解散。 (平成17年) - 取締役会の改革と制の導入による経営機構改革、ならびに組織機構改革を実施。 監査役• (平成4年) - 本社を豊洲に移転、SCAWデザインシリーズ開発。 株主総会• 代表者 代表取締役社長 鈴木 実• 事業部名 業務内容 主な製品・サービス 公共ビジネス事業部 公共分野の顧客営業、コンサルティング、設計・建設、運用・保全など• NTTデータビジネスブレインズ かつてのグループ会社• FairCast - 「子ども安全連絡網」提供サービス。 次世代店舗システム 統括室• (平成26年) - バチカン図書館における歴史的手書き文献のデジタルアーカイブ事業に参画。 アールワンシステム…に稼働した、向け勘定系。

Next

会社概要・沿革・組織図

- 元BMW傘下の情報システム子会社。 1995年4月26日上場 略称 NTTデータ、 NTT DATA 本社所在地 〒135-6033 三丁目3番3号 豊洲センタービル 設立 (昭和63年) (エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社) 事業内容 電気通信 システムインテグレーション ネットワークシステムサービス 代表者 () (代表取締役) (代表取締役副社長執行役員) (代表取締役副社長執行役員) 資本金 1425億2000万円 (2017年3月31日現在) 売上高 連結:2兆1,636億2,500万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1,477億1,600万円 (2019年3月期) 純利益 連結:936億1,600万円 (2019年3月期) 総資産 連結:2兆4,760億6,200万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:123,884名 2019年3月31日現在 決算期 会計監査人 主要株主 NTT株式会社 54. 企画部• (昭和49年) - 地域気象観測システム「」開始。 - とNTTデータ・クイックが経営統合(形式上はNTTデータ・クイックを存続会社とする合併)。 (平成30年)3月期決算において、連結売上高2兆円を達成。 会社名 エヌ・ティ・ティ・データ・システム技術株式会社 (NTTデータシステム技術株式会社) NTT DATA SYSTEM TECHNOLOGIES INC. (平成30年)3月時点でのグループ会社は303社、関係会社は31社は、公共・社会基盤、金融、法人・ソリューション、北米、EMEA・中南米を5つの主な事業として営んでいる。 (平成19年)3月期決算において、国内事業者としては初の売上高1兆円を突破。

Next

コーポレートデータ

売上高 122億円(2019年3月期実績)• 貨物通関情報処理システム() - 通関及び輸入の際の物流・関税納付等手続き管理システム。 MOTAS - 自動車登録検査業務電子情報処理システム。 - 1985年設立。 事業所 [ ] 国内拠点 [ ] NTTデータ 堂島ビル 現在は地域分社制をとっているため、直轄の拠点はに限られている。 グリーンデータセンター - 環境配慮型データセンターサービス(iDC、ハウジング、IT基盤サービス)。 その後、がリプレースし、さらにの勘定系も稼働させることになった。 - ANSER、COMFRONT等決済サービス開発運用。

Next

会社概要・沿革・組織図

- の在宅勝ち馬投票システム。 事業内容 ・情報処理システムの開発、保守、運営の受託 ・情報処理システムに係るソフトウェアの開発 ・情報処理システムに係る電気通信工事およびその他の設備工事の請負 ・前各号に関する調査、研究、研修 ・労働者派遣事業 ・前各号に附帯する一切の業務• (全銀システム) - 内国為替取引システム。 - の旧日本法人(日本オリベッティ)の株式を取得し、日本におけるとの合弁で展開する企業。 のコンサルティング・導入が主な事業。 - SIer,情報通信に関わる調査研究、コンサルティングサービスが主事業。 2007年6月14日. 同社を中核にエヌジェーケーグループ 株式会社、株式会社 を形成していたが2017年4月に子会社をエヌジェーケーに吸収合併。

Next

事業概要|会社情報|株式会社NTTデータ四国

広域災害救急医療情報システム - 災害発生時の医療機関稼動状況や災害医療情報の情報共有システム。 (平成10年) - 創立10周年。 法人ビジネス事業部 法人分野の顧客営業、コンサルティング、設計・建設、運用・保全など• また、2019年夏を目途に、NTTデータグループを除く、NTT Com、ディメンションデータ、NTTセキュリティ、NTTi3の4社グループの事業を海外と国内別に統合することを検討中であることも明らかにした。 が設立支援を行った。 - 国税電子申告・納税システム。 株主 85% 15%• - NTTデータ公共分野グループ会社4社が統合、そのうちを存続会社として設立。

Next

役員一覧・組織図

-大規模システムの運営管理業務。 公共・官公庁関連 [ ] システム開発費に対する対価ではなく、その後のによるデータ通信設備サービス料で利益を上げるビジネスモデルを採用している。 沿革 1967年 10月 日本電信電話公社にデータ通信本部を設置 1985年 4月 日本電信電話株式会社の設立 1985年 11月 データ通信本部からデータ通信事業本部へ改組 1988年 5月 資本金100億円により、東京都港区にNTTデータ通信株式会社設立 1990年 3月 東海地域のソフトウェア設計会社として、東海テクシス株式会社を設立 1990年 10月 東海地域のSIS販売会社として東海NTTデータ通信システムズ株式会社を東海地域の有力会社と合弁出資で設立 1998年 4月 東海テクシス株式会社からNTTデータ東海テクシス株式会社に社名を変更 2003年 7月 NTTデータ東海テクシス株式会社と東海NTTデータ通信システムズ株式会社が合併し、株式会社NTTデータ東海を設立• 1兆円以上の巨額の公費が投入された公共事業で、それに関わる官僚の天下りが発覚するなど、としての側面が浮き彫りになった。 NTTデータは全銀システムとの接続部分を担当。 平均年齢 39歳(男:39歳/女:39歳)(2020年4月1日現在)• eバンキング部• 当社は1998年に(株)エヌ・ティ・ティ・データの社内ベンチャーから事業スタート、2000年に専門会社として独立しました。

Next

会社概要・組織図|NTTデータシステム技術株式会社

-システム開発運用。 - とザカティーコンサルティング(旧日本法人)の合併会社。 第三開発部• この報道に対しNTTデータはマスコミの報道が事実に反するとの公式回答を自社サイトに掲載している。 次世代店舗システム開発部• (平成21年)に資本参加。 (昭和46年) - 独自仕様の 完成 製作は、、。 それぞれの銀行向けのアウトソーサーとして業務展開中。

Next