Lyrics 琥珀 色 の 街 上海 蟹 の 朝 くるり。 歌詞 「琥珀色の街、上海蟹の朝」くるり (無料)

琥珀色の街、上海蟹の朝 歌詞 くるり ※ blog.ln-online.de

岸田:何となく、そういうのに対する反発なのか、逃げなのか、意図的に排除して、なのでくるりの20年間の歴史っていうのは、その後もそういうのはできるだけ取り入れないようにやってたら、アメリカ以外の、ヨーロッパのようわからん国のビートとか、古典音楽、クラシックとか、そういうところからのインスパイアが、独自の入れ物を作っていった感覚というか。 世界の美しい表現を教えてくれたあなた。 これも心ばかりの仕事へのエネルギーになる。 ボボくんいわく、「目の前に広がる道系」って言うらしいんですけど(笑)、それを20周年っていう区切りでやるかっていうと、そうではないなっていうのはみんな思ってて。 さて、そんなこんなで香りは朝の大きなポイントだなぁと勝手に結論を導き出してしまったのですが、上海蟹の朝もきっと素敵なのだろうと想像を膨らませてしまう。 対して私は人様に聞かせられる歌声を持ち合わせていない救いようのない音痴だったので本当はカラオケが大の苦手だったのだが、彼とのあの空間はすごく好きだった。 くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」を聴いていたら、上海蟹が食べたくなったので、今回は1泊2日で上海・蘇州に上海蟹を食べに行って来ました。

Next

琥珀色の街、上海蟹の朝 歌詞 くるり ※ blog.ln-online.de

実際に、お二人は現在の状況をどのように見ているのでしょうか? 岸田:シティポップって、もはや一人歩きしてるキーワードなので、一概には言えないですけど、もしかしたら、地域性のある音楽っていうことに対する反語かもしれへんし、シティなのかタウンなのか、メトロポリスなのかメガロポリスなのかは、アーティストそれぞれの環境によって変わってくることなんかなって。 お前らの歌うそれはシティポップじゃないんだ。 ただ、時代によって自分が変わらなくても周りが変わってしまうような物事も起こるわけですし、何かやってみたけど意味がなかったってことに絶望するから、駅の本屋とかに自己啓発本がいっぱい並ぶわけですよね。 リバー 14. シティポップとして題材にすべきものがあまり見当たらない感じがして、ceroとかを聴いて思うのは、さっきタウンって言いましたけど、もっとミニマムな、「町内」って言うとちょっとイナタいですけど…… 引用: 岸田はシティなどではなく、タウンやそれ以下の規模でしかないと語っている。 それがこの曲に 無国籍感を出している。 「左足から歩き出すようにすれば、いいことあるかも」ってやって、何かが変わったって人はあんまりいいひんと思うけど(笑)、でもひとつひとつ何かやっていけば、何かいいことが見つかる可能性が無きにしも非ずなわけで。

Next

Lyrics くるり

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって 보쿠가타비니데루리유-와다이타이햣코쿠라이앗테 내가여행을떠나는이유는대체로백가지정도있어 ひとつめはここじゃどうも息も詰まりそうになった 히토츠메와코코쟈도-모이키모츠마리소-니낫타 첫번째는이곳에있으면숨이막혀버릴것같이되어버렸기때문이지 ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること 후타츠메와코요이노츠키가보쿠오사솟테이루코토 두번째이유는오늘밤달이날이끌고있기에 みっつめは車の免許とってもいいかな 밋츠메와쿠루마노멘쿄톳테모이이카나 세번째는운전면허를따도괜찮겠다 なんて思っていること 난테오못테이루코토 고생각하고있기때문 俺は車にウ-ハ-を 飛び出せハイウェイ 오레와쿠루마니우-파-오 토비다세하이웨이 나는차에우퍼스피커를 달려고속도로를 つけて遠くフュ-チャ-鳴らす 久しぶりだぜ 츠케테토오쿠퓨-챠-나라스 히사시부리다제 달고멀리 future 울리지 오랜만이야 何かでっかい事してやろう 나니카뎃카이코토시테야로- 무엇인가큰일을해보자 きっとでっかい事してやろう 킷토뎃카이코토시테야로- 반드시큰일을해보이겠어 飛び出せジョニ-氣にしないで 토비다세죠니-키니시나이데 날아올라 journey 신경쓰지말아 身ぐるみ全部剝がされちゃいな 미구루미젠부하가사레챠이나 몸이송두리째전부벗겨질것같은 やさしさも甘いキスもあとから全部ついてくる 야시사사모아마이키스모아토카라젠부츠이테쿠루 다정함도달콤한키스도이제부터전부따라와 全部後回しにしちゃいな勇氣なんていらないぜ 젠부아토마와시니시챠이나유-키난테이라나이제 전부뒤로밀어놓아용기따위는필요없어 僕には旅に出る理由なんて何ひとつない 보쿠니와타비니데루리유-난테나니히토츠나이 나에게는여행을떠날이유따위는무엇하나없어 手を離してみようぜ 테오하나시테미요-제 손을떼어보지 つめたい花がこぼれ落ちそうさ 츠메타이하나가코보레오치소-사 차가운꽃이떨어져버릴것같아 ----------------- Highway Quruli. 一部の音楽ファンに驚愕の嵐が吹き荒れた。 あのフローラルな香りたちが「お仕事頑張ろうね、お姉さん」と微笑ましく私の足を包んでくれる。 岸田:いや、誰でもできるとは思うんです。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 もっとエキゾチックでありたくて、だから那覇やったらよかったのかもしれない(笑)。 それを歌っていた彼のことを時々思い出す。

Next

琥珀色の街、上海蟹の朝/くるりの歌詞

くるり 琥珀色の街、上海蟹の朝 作詞:Shigeru Kishida 作曲:Shigeru Kishida beautiful city さよならさ マンダリンの楼上 isn't it a pity beautiful city 目を閉じれば そこかしこに広がる 無音の世界 不穏な未来 耳鳴り 時計の秒針止めて 心のトカレフに想いを込めてぶっ放す 窓ガラスに入ったヒビ 砕け散る過去の闇雲な日々 止まった時計は 夜明け前5時 外の空気 君だけのもの 吸うも吐くも自由 それだけで有り難い 実を言うと この街の奴らは義理堅い ただガタイの良さには 騙されるんじゃない お前と一緒で皆弱っている その理由は 人それぞれ 耐え抜くためには仰け反れ この街はとうに終わりが見えるけど 俺は君の味方だ beautiful city さよならさ マンダリンの楼上 isn't it a pity beautiful city 何はともあれ この街を去った 未来ではなく 過去を漁った 明後日ばっかり見てた君 更多更詳盡歌詞 在 それはそれで 誰よりも輝いてた ずっと泣いてた 君はプレデター 決死の思いで 起こしたクーデター もういいよ そういうの 君はもうひとりじゃないから 上海蟹食べたい あなたと食べたいよ 上手に割れたら 心離れない 1分でも離れないよ 上手に食べなよ こぼしても いいからさ beautiful city isn't it a pity 路地裏のニャンコ beautiful city beautiful city… 張り詰めた日々を 溶かすのは 朝焼け前の 君のこころ 両手を広げたら 聴こえてくるよ 外輪船の汽笛 嶺上開花 本繻子でこころを包むよ 小籠包じゃ足りない 思い出ひとつじゃ やり切れないだろう 上海蟹食べたい 一杯ずつ食べたいよ 上手に食べても 心ほろ苦い あなたと食べたいよ 上手に割れたらいいな 長い夜を越えて行くよ 琥珀色の街 琥珀色の街. このタイミングだからこそ、自分たちが新鮮に思えることをやりたいっていうのが最初にあったんです。 くるりはそういう意味では整理されてない音楽で、バルトークとか、違う音楽からのインスパイアを平気で放り込むスタイルなんで、器がポップなんやったら、どんどんわかりにくくしようみたいなんが働いて、そこからはせめぎ合いですね。 年上ということもありカラオケで歌う曲に若干のジェネレーションギャップが生じた。 net Lyrics Quruli くるり — 琥珀色の街、上海蟹の朝 歌詞 Kindly like and share our content. 岸田:20年ぶりくらいに行ったんですけど、結構衝撃でした。 2018年10月。 この曲で俺が何か風にやってみようと思ったのは、「MC漢風のフローを一瞬だけやってみよう。

Next

琥珀色の街、上海蟹の朝を歌う彼|文香|note

岸田:そうです、そうです。 そこからの「を歌う彼」とは昔好きだった人のことである。 この曲を単発でリリースしたことこそ、 シティポップブームへの皮肉になっているのだろう。 いい感じで録れた後に、クリフがタムの上にシンバルを置いたり、ホントにラフに録ったものの中から生まれたものもあって、逆にそれが自分たちっぽいのかなって。 私にはこれっぽっちも好意がなかったあなた。

Next

Lyrics くるり

くるり Quruli 琥珀色の街、上海蟹の朝 Lyricist:Shigeru Kishida Composer:Shigeru Kishida beautiful city さよならさ マンダリンの楼上 isn't it a pity beautiful city 目を閉じれば そこかしこに広がる 無音の世界 不穏な未来 耳鳴り 時計の秒針止めて 心のトカレフに想いを込めてぶっ放す 窓ガラスに入ったヒビ 砕け散る過去の闇雲な日々 止まった時計は 夜明け前5時 外の空気 君だけのもの 吸うも吐くも自由 それだけで有り難い 実を言うと この街の奴らは義理堅い ただガタイの良さには 騙されるんじゃない お前と一緒で皆弱っている その理由は 人それぞれ 耐え抜くためには仰け反れ この街はとうに終わりが見えるけど 俺は君の味方だ beautiful city さよならさ マンダリンの楼上 isn't it a pity beautiful city 何はともあれ この街を去った 未来ではなく 過去を漁った 明後日ばっかり見てた君 Find more lyrics at それはそれで 誰よりも輝いてた ずっと泣いてた 君はプレデター 決死の思いで 起こしたクーデター もういいよ そういうの 君はもうひとりじゃないから 上海蟹食べたい あなたと食べたいよ 上手に割れたら 心離れない 1分でも離れないよ 上手に食べなよ こぼしても いいからさ beautiful city isn't it a pity 路地裏のニャンコ beautiful city beautiful city… 張り詰めた日々を 溶かすのは 朝焼け前の 君のこころ 両手を広げたら 聴こえてくるよ 外輪船の汽笛 嶺上開花 本繻子でこころを包むよ 小籠包じゃ足りない 思い出ひとつじゃ やり切れないだろう 上海蟹食べたい 一杯ずつ食べたいよ 上手に食べても 心ほろ苦い あなたと食べたいよ 上手に割れたらいいな 長い夜を越えて行くよ 琥珀色の街 琥珀色の街. 自分自身がそういうモードなのか、時代がそういうモードなのかはわからないですけど、人が何か歌ってるのを傍から聴いたり、あるいは自分が何を歌いたいかって思い浮かべると、街が死んでる感じがするんですよね。 大都市を気取って過去の栄光に縋る東京の姿だ。 岸田:ここ何年かは何となくネガティヴな歌詞は書かないようにしてたんですけど、でもそれをやってみようと思いました。 あれは変な感じで面白かったから聴いたし、『Voodoo』ももちろん聴いてましたけど、でもあんまりこう、深く参照して取り入れようとは思ってなくて、コード進行とか、ベースにしても、言ったらスティーヴィー・ワンダーとかスライ・ストーンとか、そういう人たちがよくやってたパターンのひとつやし、それをすごい掘り下げたわけじゃなくて、シンプルに「こうですよね」って感じ。 このホットティーが冬よりも身に染みるのはなぜだろうか。 2016年11月。 それに岸田は歌詞以外に中国のモチーフを入れていない。

Next