Line コロナ 調査 結果。 厚労省とLINEが実施している新型コロナの調査結果 コンサル企業が可視化

厚労省とLINEが実施している新型コロナの調査結果 コンサル企業が可視化

5度以上の発熱」「喉の痛み」「強いだるさ」「咳がひどい」「息苦しい」「下痢がある」「味・においがしない」などの体調不良症状のいずれかにあてはまる人を調査。 厚労省は「発熱率が感染率をすぐに意味するとは限らないが、密閉・密集・密接の『3密』が避けにくい場合、感染リスクが高まる恐れがある。 4月6日〜7日に実施した第2回の調査結果も、同日厚生労働省に提供したという。 アカウント名の左に「」があるものが公式のアカウントですので、必ずご確認ください。 この結果の因果関係は全く不明だが、働き盛りとされる世代の割合が高くなっているので、仕事疲れにプラスしてコロナ疲れにより、身体の不調を感じやすくなっているのかもしれない。

Next

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果及び第3回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ

5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 図1:職業・職種グループ別の発熱者の割合(%)の47都道府県散布図 発熱者=37. 調査結果は調査法の性質上、予防に対する意識や症状の有無の違いにより回答者の属性に偏りが生じていることがあります。 用意していたマスクがなくなってきた、ドラッグストア等で入荷目途が立っていないことから心配している状況が見受けられます。 今日の日本の状況下においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを低減し、他者に感染を広げない最善の行動様式である 3密回避や、社会的距離を保てない状態で人と会う機会が多い働き方の人においては、特に感染リスクが高まる可能性がある 感染リスクを少なくする働き方・過ごし方の実施、またその調整やサポートが必要である なお同省は、調査結果を見る際に、LINEユーザーのみが対象であることや、重傷者は回答しづらいことといった、回答者の属性や調査事態の偏りを考慮する必要があると注意している。 調査では現在の体調の状況や感染予防のためにしていることについて、約16万人が回答した。 01 5人未満 0. 発熱時の休暇取得やテレワーク導入などの検討を進める必要がある」と分析している。 グループ(5)(専業主ふなど)は、他のグループと比較して、全国的に低い発熱率でした。

Next

テレワーク実施率は5% LINEと厚労省の新型コロナ調査で判明

8%で、「収入・雇用に不安を感じている」と回答した人の割合は31. 体調不良を感じる人を世代別に見ると、30~39歳が最も高く、10~19歳、60~69歳と若い、高齢者になるにつれ体調不良を感じていないという結果になった。 調査への参加方法 LINEのメッセージから参加する 日本国内でLINEを利用する全ユーザーのみなさまに向けて、 5月1日 金 に「LINE」の公式アカウントからメッセージが届きます。 ある地域(都道府県や市区町村、郵便番号区)に発熱者が集中していることは、その地域において新型コロナウイルスの感染リスクが高いことを必ずしも意味するわけではありません。 1 茨城県 0. 今回、その分析結果より、以下のようなことがわかりましたので、お知らせします。 1 千葉県 0. 11 佐賀県 0. 同アカウントの「友だち」登録者数は足元で130万に達しており、こういった伝達力や従前の協力体制も、今回厚労省がLINEに頼った一因だったと考えられる。 偽物のアカウントにご注意ください。

Next

LINE、2,467万人が回答した第2回「新型コロナ対策のための全国調査」の全回答データを厚生労働省に提供 第3回は4月12日より実施予定|LINE株式会社のプレスリリース

08 愛媛県 0. 日本地図上に「市区町村」、「(総合)振興局」、「都道府県」の優先順位でプロットされ、どの地域で感染拡大が発生しているかをひと目でわかるようになっている。 また、各省庁のアカウントでは新型コロナウイルスの発生状況などの最新情報も配信しています。 07 鳥取県 0. 《外岡紘代》. これに対し、難しいながらも今後どのように3密を回避するか、そしてその働き方を政府、地域、個人、家族などがどれだけサポートできるかが重要であるかが分かるデータとなっている。 07 山梨県 0. 厚生労働省は4月10日、LINEが3月31日〜4月1日に実施した第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の分析結果を公表した。 この感染症の対策や治療にあたる医療・介護従事者やその家族、そしてあらゆる職業・職種、個人に対する偏見や差別につながるような行為は、断じて許されません。 調査結果は、新型コロナウイルス感染状況の把握や感染拡大防止のための有効な対策検討に活用される。 不安や悩みを医師に直接相談したり、コロナウイルスの最新情報を知ることができたり、LINEでできることを以下のページでご案内しています。

Next

LINEの新型コロナ調査に2,453万人が回答、厚労省にデータ提出。第2回は5日から

新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、客と接する機会が多い飲食業や外回りの営業職に就く人は、他の職種と比べ発熱を訴えている割合が高いことが11日までに、厚生労働省とLINEの全国調査で分かった。 調査は、LINEが国内のすべての利用者を対象に31日から行い、4月1日までの回答を呼びかけます。 また、「仕事はテレワークにしている」はわずか5. その先行調査として27日から、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に居住し登録する15歳以上のモニターを対象に「LINEリサーチ」で新型コロナウイルス感染症の予防対策と現状の体調を調査する「新型コロナの状況把握アンケート」を実施した。 6%にとどまっており、厚生労働省では「柔軟な働き方の取り入れはまだ改善の余地がある」としている。 職業別では、従業員規模が小さいほど「収入・雇用に不安を感じている」と回答する割合が高くなる傾向がみられた。 また、「仕事はテレワークにしている」人は全体の5. 今まで実施した調査では、緊急事態宣言前後の人々の行動の変化や、感染リスクが高まる可能性がある働き方・過ごし方など今後の対策に役立たせるための分析が実現できました。 テレワークの導入には都道府県で大きく差がある。

Next

テレワーク実施率は5% LINEと厚労省の新型コロナ調査で判明

一方、主婦のグループは0. 【調査でわかったこと】• 新型コロナ感染予防のためにしていることでは、「手洗い・うがいやアルコールによる手や指の消毒をしている」と回答された方が85. 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。 5度以上)の割合を示すもので、あくまで新型コロナウイルスの感染状況の一つの間接指標であり、絶対的な指標ではありません。 08 鹿児島県 0. 外部サイト. 回答期間は3月31日から4月1日まで。 LINEは、国内の全利用者約8300万人に対し、新型コロナウイルスについての調査を31日から始めると発表した。 回答期間: 5月1日 金 〜本日2日(土)23:59まで 緊急事態宣言の発令から25日目となる今回の調査では、これまでと同じ設問に加え新たに「近況」や「接触人数」に関する項目も追加しました。 UPDATE 2020. イメージ ジャッグジャパン株式会社社は、株式会社とが3月31日〜4月1日に実施した第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果について、同社が公開している「都道府県別感染者数マップ」(感染者数マップ)上にデータを反映させたと発表した。 よって、厚生労働省の報道資料には結果を確認する際はこのような回答者の偏りを考慮する必要があると記されています。

Next

テレワーク導入は27%でも政府目標の7割には届かず

グループ(1)(長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など)の働き方をされている方々は、地域レベルで新型コロナウイルスの感染リスクが上がったときに、最も脆弱になりうる可能性があります。 連絡手段として、メールや電話、ほかのSNSなどと比べてもメッセージを確認してもらえる確率が高い。 4月1日まで、LINEの公式アカウントから利用者に順次メッセージが送られ、その時の体調について「普段通り」「37・5度以上の発熱」「せきがある」などの選択肢の中から選ぶ。 本結果は、回答者における発熱(37. LINEと厚生労働省は3月30日、「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結した。 LINEリサーチのモニターに対して実施された 第一回「新型コロナ対策のための全国調査」について確認していきましょう。 調査期間は3月27日(金)から30日(月)、対象は首都圏1都3県に居住する「LINEリサーチ」のモニター。

Next

※最新※【LINEリサーチ】新型肺炎(新型コロナウィルス)に関する調査結果(2020年3月2日実施)|LINE for Business

約8300万人の国内利用者のうち約2400万人から回答を得た。 LINEの国内の利用者は月間およそ8300万人に上り、会社は、クラスターと呼ばれる感染者の集団が発生している地域の把握や、行政による感染拡大防止のための施策に役立てたいとしています。 【公式アカウントの確認方法】 「LINE」の左に 緑の公式バッジ がついているものが公式アカウントです。 また統計処理され、個人が特定されることはないとしている。 LINEは同日、主にメディア向けに冒頭の全国調査を全ユーザーに配信する旨を告知し、31日の実施に至った。 01 5人未満 0. 職業・職種の6グループ グループ(1) 現状の業務体制では3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種 (例:比較的長時間の接客を伴う飲食店を含む対人サービス業、外回りをする営業職など) グループ(2) 業務の中で3密が発生し、社会的距離の確保も困難だが、個人として感染症対策についての専門的知識を有する対人援助職 (例:医療職、介護職) グループ(3) 3密回避や社会的距離対策の一定の導入が進んでいる職業・職種(例:内勤営業(オフィスワーク中心)、流通・物流業システム(卸・小売り、運送業等)など) グループ(4) 通常3密、社会的距離の確保が難しい環境下だが、休校措置などで一定期間対策はなされている (例:教職員、学生・生徒) グループ(5) 自粛条件下で、個人での3密回避や社会的距離対策が比較的容易 (例:専業主ふなど) グループ(6) その他 (上記以外) 結果1 調査の結果から、3密回避や社会的距離の確保が難しいと思われる職業・職種(グループ(1))において、他グループと比較し、発熱者(37. LINEはこれまでも、緊急時や大規模災害発生時に対象となるユーザーに限定してLINEのアカウントを通じてメッセージを配信し、状況確認を行ってきた。 09 長崎県 0. 厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定締結の呼びかけ」にLINEが賛同。

Next