All in one wp migration 使い方。 [Wordpress]引っ越し簡単プラグイン『All

【超簡単】WordPress移管プラグイン、「All

Webサイトを構成するデータ(テーマ・プラグイン・画像・記事や各種設定などデータベースに格納された情報)をボタン一発でエクスポート・インポート出来るので FTPの操作やデータベースを触ることに慣れていない方にも安心して使っていただけます。 新サーバーのWordPressをすでに運用していたなら、一応バックアップをとっておきましょう。 選択すると以下のようなリストが現れます。 インストール後(有効化後)ダッシュボードのメニューに All-in-One WP Migration の設定が表示され、 ここから ・エクスポート ・インポート ・バックアップ といった操作画面に移動できます。 「Blogger」ブログや「RSS」フィールドから投稿などをインポートすることもできます。 このような画面が現れるので旧サーバーでエクスポートしておいたファイルをドラッグ&ドロップするか、「IMPORT FROM」をクリックし展開されるメニューの中から「FILE」をクリックしエクスポートしたファイルを選択します。

Next

WordPressの移行が超簡単!データベースも丸々引っ越しできるプラグイン

アップロードが完了すると下図のような注意書き(データベースを書き換えますとの記載)が表示されますが、「PROCEED」ボタンをクリックして進めます。 追加オプションは、開発者であるです。 フォーマットがSQLになっているのを確認したら実行をクリックします。 データベースのホスト名 この情報は手順3で必要になります。 因みに後からワードプレスのルート直下にフォルダを追加などした場合はバックアップに含まれませんので移行されません。 支払い方法はPalPal・各種クレジットカードが使えますが、海外サイトからのサービス購入となりますので、セキュリティを気にするならPayPal支払いがおすすめです。

Next

【超簡単】WordPress移管プラグイン、「All

では、「All-in-One WP Migration」のインポートページに移動してみましょう。 引っ越しツール最強のAll-in-One WP Migrationをご紹介します。 その点「All-in-One WP Migration」は同じ容量のデータでも安定して作業を完了することができます。 WPDBBackup 等々の安心プラグインもありますが、ワードプレスのバージョンが一致していないとリカバリーでトラぶったりしますし、ものによってはリカバリー機能の付いていないものもありどこ眼振なんだろうと・・・ それよりも時折 All-in-One WP Migrationでバックアップしておくのがいいのかもしれません。 ターミナルが自動的に立ち上がります。 すると「管理ツールにログイン」や「phpMyAdminを開く」というリンクがあり、ここから データベースの管理システムにログインすることができます。 これと似たプラグインに「duplicator」がありますが、「duplicator」との違いは以下の通りです。

Next

ワードプレスの引越しやリニューアルも簡単に出来る!All

仮にスクリプトが暴走した場合にサーバーへの負荷を最小にするためです。 そして、「All-in-One WP Migration」では引っ越し作業の中で、旧サーバーと新サーバーのPHPのバージョンが異なることを通知してくれません。 このデータをそのまま移行先のwp-contentフォルダ直下のai1wm-backupsフォルダにアップロードしてから管理画面のAll in one migrationのバックアップメニューから復元する方法もあります。 wpress」という拡張子のデータが保存されます。 All-in-One WP Migrationでは、無料で512MBまでのバックアップデータを復元できます。 本来的には別のサーバーにWordPressを引越しする時に使うツールなんですが、 今回の場合は引越し先がローカル環境だった、というだけです。 まとめ 今回はWordPressのバックアップ系のプラグインの中で一番使い方が簡単なAll in One WP Migrationをご紹介させていただきました。

Next

WordPressで引っ越しとバックアップができるプラグイン「All

全てのワードプレスにこの拡張プラグインをアップロードすればできます。 themes(テーマに関するファイル)• 無事に復元が終わったら、削除したファイルだけを手動でアップし直す 有料プラグインでオンラインストレージに自動バックアップする All-in-One WP Migrationでは、追加オプションとなる有料プラグインを購入することで、 オンラインストレージへの自動バックアップが可能となります。 Amazon Glacier• ユーザー名、パスワードを入力しドロップダウンメニューから正しいホスト名を選択してログインします。 さらに2つのステップを実行する必要があります。 プラグインを使って楽々WordPressのお引越し まず初めにプラグインを使った移行手順からご紹介します。

Next

wordpress 引っ越し プラグイン All

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。 もし、記事内で使っている メディアの画像は表示されているのに設定している背景の画像が表示されないという場合にはこのケースを疑ってください。 この時は、パーマリンクの設定を行なって読み込み直せば表示されます! エクスポートしたサイトのパーマリンクによっても設定方法は変わると思うので、困ったらパーマリンクを変えて読み込み直すを試してみてください。 たったこれだけで終了です。 このディレクトリ構成が旧WordPressのものと違っている場合は後ほど追加の手順が必要になります。 試しに、チェックを入れてみます。 ログイン情報含め、引越し元のサイトが丸々引越し先のサイトに上書きされているのです。

Next

ワードプレスの引越しやリニューアルも簡単に出来る!All

いつまで経っても復元が完了しない(復元がストップしている)• もちろん私自身も、有料オプションを購入し使っています。 実際にFTPソフトを使ってファイルをダウンロードする手順についてはこの後にご紹介します。 XSERVERでは以下のように30MBとなっています。 どうも。 その際は手動で移行作業を進めることになりますが、各作業にはデータベースの操作など慣れていないものが多いかと思いますのでしっかりと手順を確認しながら慎重に進めてください。 オプション項目の選択が終われば「EXPORT TO 」というボックスの中から「FILE」をクリックします。

Next