国道 152 号 通行止め。 『「不思議な国道」152号線を歩いて青崩峠まで』飯田(長野県)の旅行記・ブログ by 地酒大好きさん【フォートラベル】

車でどこまで行ける!? 「点線国道」の現場に潜入!! なぜこうなった?

そんなことを考えているうちに、山道から里に出た 大鹿村にも採石場が存在する。 全体の距離が違う! 県道は、大体1県内に収まる、長くても数十キロメートルの道のこと。 接続する他の道路も少ないことから、地図上ではとてもよく目立つ。 ストレートでインパクトがあって、初めて知った時は私も驚きました! 本州屈指の酷道として知られている国道157号線は、急勾配と急カーブが連続していて、ガードレールやカーブミラーも 設置されていない未整備状態!!! 溢れ出る酷道への愛を表現している人たちがたくさんいるんです! 検索をするとほんとうに色々と出てくるのですが、展子的にはやっぱり 動画がすごい!と驚きました。 道路保全課:053-457-2425• こちらの方が奥地域の山道も走れてオススメ。 クルマやタイヤにダメージがあってもいけない。

Next

長野県情報: 国道361号権兵衛峠道路等交通情報のお知らせ

飯田市へ向かう国道474号線との分岐点を過ぎると、「152号通行不能」などという物騒な道路案内版が現れる。 青谷ポケットパーク 秋葉トンネルを出ると前方に秋葉ダムが見える。 ……と、意気込んだのも束の間、その先では無情な現実が待ち受けていた。 するとこれまで左岸を走っていたr285と交差する。 もどって分岐点で確認してもいいのですが、まあどこを行っても人はいないし山の上に出ればいいと開き直ってどんどん進みました。 ただ、道幅は狭く、全区間が片側交互通行で、待ち時間は予測できない。

Next

令和2年 国道152号線、通行止め!:きんちゃんち

で、こんな道をしばらく走ります。 長野市の善光寺の元になったお寺と伝えられているだけはある。 余談ながらヒョー越ではもう一台、浜松ナンバーのスズキ・イグニスが休憩していた。 先ほどの分岐点まで戻り、今度はヒョー越に向かう。 どうやら、先の箱の中の基盤がおかしいらしい。 日本のチロルとも呼ばれる下栗の里や、絶景で知られるしらびそ高原に立ち寄らないのはなんとも口惜しいが、今回の主たる目的はあくまで国道152号線の完全走破である。

Next

国道152号倒木による通行止めのお知らせ|行政情報|伊那谷ねっと

……と再出発したその矢先、道路工事の片側交互通行信号に止められた。 今日は日曜日で工事は行われておらず、工事関係者もいなかったので、もうすこし中まで入って写真を撮ってきた。 途中分かれ道がいくつかあり、どちらへ行ったらいいのか迷いますが、高い方向へ向かう道を選んで進みます。 早朝のため写真にはほとんど車が写っていないが、昼間であれば市街地と東名とを結ぶ道路なので交通量は多いであろう事は想像に難くない。 最凶って何トラ!? R152BP新原東原北交差点を左折 19. 肥満体質は高確率でいびきをかくので警戒しないとイケない。 落石箇所については、現地で確認した結果、さらなる落石の危険があると判断されたため、今後の気象状況を考慮して7月9日(木曜日)19時から全面通行止めといたします。 )を、下記とおり夜間通行止めといたしますのでご注意ください。

Next

令和2年 国道152号線、通行止め!:きんちゃんち

(2018年6月) 川対岸の県道が迂回路なのですが、対面通行不可の狭い道なので行き違いに30分待ちです。 よし、それなら行けそうな感じがする。 道の駅「天竜相津花桃の里」 36. 長野県上田市から静岡県浜松市を結ぶ国道で、静岡県と長野県の境にある青崩峠と長野県の地蔵峠の2か所が点線国道となっている。 また古くから遠州秋葉神社へ至る秋葉街道の峠のひとつでした。 湧き水ポイントに移動して、水を掛けて砂を落とした。 。

Next

『「不思議な国道」152号線を歩いて青崩峠まで』飯田(長野県)の旅行記・ブログ by 地酒大好きさん【フォートラベル】

ブレーキ周りに砂が付いたままだと、ブレーキシューとリムが削れてしまうため、ブレーキ周りだけ念入りに水を掛けてキレイにした。 林道に積もった落ち葉が濡れていたので心配はしていましたが、まさかやられるとは。 浜松市役所、中区役所の東側を通り抜けた先の下池川交差点で左車線がそのまま左折専用となり天林寺付近だけ片側2車線となる。 手探りで通路を進んでゆき、無事に通り抜けることができた。 0m 長さ12. レッスン1 酷道(こくどう)とは?[険道との違い] みなさんは、 酷道(こくどう)とはどういうものかを知っていますか? 音の響きだけ聞くと、国道と間違えそうなのですが、酷い道(ひどいみち)と書くあたり、なんとなくイメージが付くでしょうか? 酷道とはいわゆる俗語で、 一般国道だけど普通乗用車での通行が難しい道のこと。

Next