スマート ニュース コロナ。 コロナ報道「煽りにはもうウンザリ」、ニュースの中身を吟味してみた

スマートニュース株式会社

私たちは、コミュニティメンバーに対する、いかなる種類のハラスメントも容認しません。 最も極端な方法は、家を出たら一切スマートフォンを触らないことです(どうしても必要に迫られた場合を除く)。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行は、手洗いの重要性を知らしめることになりました。 ソーシャルデザイン専門のデザイナー・筧佑介氏は、著書『持続可能な地域のつくり方』のなかで、地方創生を阻むものとして「官民の分断」「縦割り組織の分断」「地域間の分断」「世代の分断」「現在と未来の分断」「ジェンダーの分断」を指摘しているが、これらは寸分違わずスマートシティ化にもあてはまるといえる。 テキスト翻訳は8言語に対応しており、マスクをしたまま10メートル離れた相手に直接ボイスを届けることも可能になっている。 吉村洋文府知事は25日、会議体設立後のパネルディスカッションでこう強調し、会議体の意義について「民間と大学、役所の垣根を取っ払うことが大阪の成長につながる」と述べた。 『テクノロジーで、今起きていることを明らかにする報道機関』であることをミッションに、AIをはじめとするテクノロジーで企業や消費者に価値ある情報を届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。

Next

コロナ禍で「スマートシティー」の実装が加速、SIベンダーは元請けになれるか

なお、同アプリのダウンロード数は、約1,501万件(8月26日17:00時点)陽性登録者数は428件です。 リリースによると、Society 5.0とは、Society 1.0(狩猟社会)、Society 2.0(農耕社会)、Society 3.0(工業社会)、Society 4.0(情報社会)に続く、未来社会のモデルを意味する言葉。 日本と米国でアプリの基本的な機能は同じですが、利用者は米国が急加速で伸びています。 大阪府市は、万博会場となる大阪湾の人工島・夢(ゆめ)洲(しま)とJR大阪駅北側の再開発地域「うめきた2期」を候補地として、スーパーシティの実現も目指している。 Kardia Mobile 6Lの遠隔モニタリングテクノロジーにより、医師はCOVID-19の治療薬を使用する患者のQTcを遠隔で計測し、1人ひとりの治療効果を評価し、安全を確保しながら治療が進められる。 スマートニュースのアプリをスマートフォンやタブレットにインストールすると、地図上で感染事例が報告された場所の情報を見ることができます。

Next

コロナ禍で必要性高まるスマートシティー(産経新聞)

それにより、外出時の感染リスクを下げつつ、スマホを使い続けることができる。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、非接触型の生活様式が浸透する中、情報通信などのリモート技術を駆使したスマートシティーの必要性が高まっている。 スマート葬儀は、いわゆる「エンディング」の活動からケアするシステムで、「逝去のお知らせ機能」なども備える。 加えて、の側面でも需要が高まりそうだ。 大阪府市は、万博会場となる大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)とJR大阪駅北側の再開発地域「うめきた2期」を候補地として、スーパーシティの実現も目指している。 症状がない人はいま原則「PCR検査」を受けられないが、「神奈川モデル」では医師の判断があれば検査可能だ。 本プロジェクトを米マサチューセッツ総合病院(MGH)が支援する。

Next

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を会社支給の全スマートフォンに導入(2020年8月27日)|BIGLOBEニュース

全国の葬儀社の紹介など、葬儀についてのさまざまなことを網羅した総合サイト「やさしいお葬式」などを展開する(東京都港区)は、2020年6月から運営しているオンライン葬儀参列システム「スマート葬儀」向けに、実際の葬儀会場でのコロナ対策に資するペーパーレス受付機能を開発。 【ビジネス】• 自動運転や遠隔診療などの最先端技術を実生活に取り入れる。 2050年には世界人口が95億人に達し、エネルギー消費が爆発的に増えることが懸念されているため、世界各国で「スマートシティ」化に向けたプロジェクトが進められている。 映像を無線で送信・投影するスマートグラスは、工場の作業者の視点を遠隔地のスタッフと共有したり、スタッフが作業者に画像・映像付きで指示したりできる。 スマートグラス「AceReal One」を展開しているサン電子 [JQ]は、月島機械 や富士通エレクトロニクス(横浜市)と共同で、上下水道関連業務での導入に向けた実証実験を開始した。 大阪・関西万博は「未来社会の実験場」を掲げており、スマートシティーの進展は欠かせない。 眼鏡型ウェアラブル端末「スマートグラス」の生産現場への導入だ。

Next

コロナ後の世界が注目の「スマートマスク」、日本企業が開発

7月17日の発表。 外出から戻ったら、毎回スマートフォンを拭きましょう。 たとえばバスの乗車率が一定の混雑率に達したら価格を上げ、そのかわりにタクシーの初乗り料金やシェア自転車の価格を下げるといった施策も打てる。 「参列者」からの故人や喪主に向けたメッセージが投稿できるが、表示・非表示は「喪主」が管理できる。 作業マニュアル映像を映しての正確な指導や、作業状況を画像化した進(しん)捗(ちょく)管理、社内ネットワークに制限したセキュリティー確保などを可能にした。 利用者が増えることによって、新型コロナウイルスの感染拡大の防止につながることが期待されています。 すると、中国渡航が正常化しないうちに現地が生産再開に動き出す中、早々に導入を検討する企業が出てきたという。

Next

スマートニュースで新型コロナ感染者数のリアルタイムデータの配信開始

Kardia Mobile 6Lは、米食品医薬品局(FDA)から世界で唯一承認され、COVID-19の治療薬を用いる患者のQTcのモニタリングのための使用が認められた。 スマートフォンの拭き掃除に一番適しているのは、イソプロピルアルコールです。 今回、スマートグラスと拡張現実(AR)技術を提供するVuzix社と提携し、Feevrと連動する「Vuzixブレードスマートグラス」を100個出荷するよう注文を出した。 C-Mask(シーマスク)と呼ばれるこのマスクは、一般の布製マスクの上に装着するデバイスで、ブルートゥース接続したスマホのアプリ経由で発言を文字化し、テキストメッセージで送信する。 学術研究者や公共施設運営者、報道関係者への支援のため、一般利用者向けには表示されない事例データも含む、全データにアクセス可能なマップ機能の無償提供も検討しております。

Next

withコロナの観光業を救う10のキーワード vol.2「スマートシティ」が広げるコロナ後の観光業の可能性

これらの情報は、上記の方針に基づき、確認したうえで、掲載されるかどうか決定します。 世界の中で最も感染者数が多いこともあって、米国社会における危機感が非常に高まっています。 JAPANで検索・コンテンツ分析、ニュース編成、新規事業開発などに従事し、BuzzFeed Japanを立ち上げ。 セルフアセンブリーワクチン(SAV)と呼ばれるプラットフォームを使った新型コロナウイルスワクチン開発が始まる。 日米5,000万ダウンロードを超えるスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用する当社は、同アプリを軸に数多くのメディア各社様との事業提携を行っています。

Next

コロナ報道「煽りにはもうウンザリ」、ニュースの中身を吟味してみた

東日本大震災からの復興を旗印に始まった福島・会津若松のプロジェクトは一つの代表例だ。 反対に、純度が低いほどウイルス殺傷能力が低下します。 これらの規則を破った参加者は、オーガナイザーの決定のもと、制裁を受けるか、当該イベントおよび将来のあらゆるイベントあるいはコミュニティから、払い戻し(もしある場合でも)無しで参加を拒絶されることがあります。 厚生労働省のサイトに詳細がございます。 4年前設立のハイシンク創研は元シャープの技術者も在籍し、日本企業との取引も多いという。 府は、スーパーシティとスマートシティーの相乗効果で、住民生活の質をより向上させることを見据えている。 行政サービスの利便性向上や先端技術の実証実験を通じ、万博を支える都市基盤の確立を目指していた。

Next