激動 の 昭和 史 軍閥。 JFDB

JFDB

水の流れが止められないように、何かのきっかけで、進みだした歴史の方向は変えられないような気がする。 : 沖縄県庁• 亀甲墓の老人:• 比嘉三平の娘:• ナレーター: ノンクレジット出演者• 西岡少尉:• とうとう、勇を奮って、毎日新聞社は、新井に、真実のレポートを書かせる事を決定する。 (参謀総長):• さいごに、この映画は海軍中心です。 製作担当者:古賀祥一• 公開日 1970年9月12日 上映時間 134 分 ジャンル - カラー Color 上映フォーマット - スクリーンサイズ - サウンドプロセッシング - 【監督】• 「東宝8. 小森伍長: 独立混成第四十四旅団• 閣僚(近衛・東條内閣):、• 新井きみ江(新井の妻):• 丘(中尉、フィリピン特攻隊):• 竹田(編集総長):• 製作:、• 富本(次官):• 伝令兵(サイパン):• 竹田(編集総長):• 富田(作戦部長):• 出典 [ ]. 更にこの沖縄三十二軍に新司令官牛島中将が送り込まれた。 そして近衛内閣は倒壊、次期内閣首班は東条に大命降下した。 長門(通信将校):• を主人公に当時の政府と軍部、陸海軍の対立、そしてそのような状況下のメディアの姿勢について描いている。

Next

JFDB

主役の東條にはが起用された。 塚本(参謀次長):• 山本憲兵隊長:• 照明:• 県庁幹部:• ただ、内容としては軍部の独走だけが開戦の背景ではないと教えてくれてますから、タイトルはもう少し工夫があってよかったんじゃないでしょうか?。 【スタッフ】• 「軍閥」というサブタイトルだが、内容が表層的すぎる。 東條は何より天皇には絶対忠誠ということで、だからこそ、木戸幸一が天皇に推挙し総理大臣に任命されたことは、史実らしいが、知らなかった。 劣勢になっても尚真実を隠蔽し続けた政府。

Next

激動の昭和史 軍閥 の レビュー・評価・クチコミ・感想

横山(記者):• 国場少年: 神山島斬込隊• 整音:東宝録音センター• 嘉数ヤス:• 合成:• 製作担当者:森本朴• (内大臣):• 師範配属将校:• ドラマは、アメリカと開戦すべき…の論に傾いて行く、海軍と陸軍の意地の張り合い。 多大な犠牲者の血が染み込んだ沖縄という場所が、強く訴え掛けて来ているような気がしました。 中田(作戦部長):• やがて、サイパン島陥落。 杉村(報道部長):• 「激動の昭和史」シリーズ第2作。 日本に戻った新井は、上司に、真実を国民に伝えるよう働きかける。

Next

激動の昭和史 沖縄決戦 : 作品情報

そして開戦。 今だって何も変わっていないんじゃないでしょうか。 これにはの推挙があったという。 撮影は「待ち伏せ」の山田一夫が担当。 自決する県民:• 自分の事として捉えないからそんなことが出来る。

Next

激動的昭和史軍閥線上看

一旦突き進んだらもう戻れない。 記者: その他 [ ]• (記者):• 自分たちが支持した最高決定の為に、命を落としていく人々の姿も、今の、様々な社会問題に通じるものがある。 もし開戦時、北朝鮮なみの外交力があったらどうだったのでしょう。 岡辺(海軍省軍務局長):• 監督 キャスト 男優 東條英機 男優 山本五十六 男優 大西滝次郎 男優 南雲忠一 男優 佐野 男優 岡辺 男優 杉山元 男優 石田軍務課員 男優 塚本 男優 中田 男優 武井 男優 辻井 男優 及川古志郎 男優 司令官 男優 栗原報道部長 男優 長門通信将校 男優 黒島先任参謀 男優 永野修身 男優 富田 男優 岡本 男優 伊藤 男優 高見参謀 男優 兵 男優 庄司 男優 福山 男優 北村上等兵 男優 陸軍下士官 男優 中村 男優 結城 男優 田宮 男優 丘中尉 男優 新井五郎記者 男優 三国参謀 男優 高倉記者 男優 冬木先生 男優 山中政治部長 男優 藤井記者 女優 新井きみ江 男優 近衛文麿 男優 米内光政 男優 東郷茂徳 男優 竹田編集総長 男優 木戸幸一 男優 若槻礼次郎 男優 賀屋興宣 男優 後藤 男優 来栖三郎 男優 黒潮会記者 男優 嶋田繁太郎 男優 島垣 男優 広田弘毅 女優 隣組の婦人 男優 片桐少佐 男優 杉村報道部長 男優 女優 男優 男優 男優 男優 男優 声 ナレーター 脚本 (ノンクレジット) 音楽 撮影 (撮影助手) 製作 配給 美術 編集 録音 照明. (報道部長): 連合艦隊関係 [編集 ]• 今観ても十分新鮮な映画です。 15シリーズ」の第4作。 比嘉三平の母:• 安全な所で号令をかけるだけだから、特に何も感じないのでしょう。 (大蔵大臣):• 横山(記者):• ここでの状況はアメリカ戦がまだ消極的な軍人が多かったことがわかる。

Next

解説・あらすじ

陸軍下士官(サイパン):• そして、兵士によって壕を追い出されたり、スパイだとして撃ち殺されたり、戦争による狂気もしっかり描かれてます。 高倉(記者):• 音楽:• しかし、泥沼に陥った、日華事変に焦った軍部は、南方進出を企て、その結果アメリカとの関係は険悪になった。 大本営の意見を無視して陣地構築を進める三十二軍に業を煮やした大本営は、航空参謀を派遺して強引に飛行場を設営させた。 整音:• 陳慧凌• 辻町のシーちゃん:• 今、戦争を肯定する様な輩がでて来てしまっています。 目軍医大尉:• 杉村(報道部長): 海軍省関係 [ ]• 戦後では「独裁」とみなされる風潮にありますが、統帥権は首相にはないので時局を乗り切るため兼任したまでのこと。 特に詳しかったのが、第三十二軍を中心に大本営とのやりとり、第九師団が台湾へ引き抜かれたことなど、沖縄を本土決戦の盾にしている様子でした。

Next