完全 なる 報復。 映画 『完全なる報復』〜シネルフレ(CINE REFLET)作品紹介〜

「完全なる報復」オチが…。 : シネマ親父の“日々是妄言”

『法の下の正義とは一体何ぞや??』そんな疑問の答えを、あなたも是非!映画館でご覧ください。 強盗犯の1人が死刑を執行されるが、予想もしない事態が起こる・・ これはいい!全然宣伝されていないけど、もっと注目されてもいい映画です。 ばれろ。 クライドは落胆しながらその言葉を聞いていた。 そして、これは復讐ではなく法制度に対しての攻撃だと話す。 会話劇の緊張感、予想できない展開が素晴らしい。

Next

完全なる報復 (2009)

「司法取引」とはとても思われない「個人的駆け引き」が2人の間で行われるのだが…。 犯人は逮捕されるが、エリート検事のニック(ジェイミー・フォックス)の都合により、極刑を免れてしまう。 ダービーは助けられた事を感謝するが、目の前の警官からボイスチェンジャーを使った声が聞こえてくる。 そして、市長は2人に警護をつける事を決め、早期解決を指示する。 …というかほぼ最初っからおとうちゃんは「何を企んでいるのかわからないモンスター」的な描かれ方をしますから、感情移入のできる主人公ではなかったのかもしれません。 ただし線引きは検察側のモラルに委ねるもので、安易に頼った結果がコレならば廃止すべきとも思うけれど。

Next

『完全なる報復』☆☆☆☆☆☆☆ 60%までは最高の映画 ネタバレ映画レビューブログ

いわゆる、リベンジ・ドラマである。 そして、DVDのダービー殺害犯は自分だと言い、殺し方について詳細に話し始めた。 さすがレオニダス王。 怯える妻を抱きしめ自分は大丈夫だと伝えるが、その表情は厳しかった。 もちろんニックだけ身につまされたってダメなワケで、都合の良すぎの逆転劇と併せて「ちょっとキレイに纏め過ぎでは?」って感じだが。 ニック達は市庁舎に慌てて向かい、爆弾処理班などの応援を要請する。 真っ先に疑われたクライド。

Next

完全なる報復 @Netflix

モーガンフリーマンと若かりしブラッドピットの演技が上手すぎて感情移入して泣きそうなります。 担当検事が勝手に主犯格の男と司法取引を行った事により、復讐心を燃やしていく。 検事のニック( ジェイミー・フォックス)の家には、さっきのバラバラ殺人ビデオが送りつけられ、娘がうっかり見ちゃってギャーです。 サラは逃げ出そうとしたが車のドアが開かず、ニックの目の前で爆発に巻き込まれる。 専門家にとってはいくつも抱える案件の一つであっても、当事者からすればその案件がすべてなわけです。

Next

映画「完全なる報復」のあらすじ、レビュー、感想

演者がどうでも良い映画なんて!という意見もあるだろうが、文章がマズい小説や、絵が下手糞な漫画——それでいて面白く、売れている——は沢山ある。 この事件でクライドは自分が殺したことを認め、家族を貶めた司法制度の不備と整備を訴えた。 クライドは自白する気があると返す。 クライド・シェルトン - ()•。 だが、クライドには殺人を止める気が無かった。 おとうちゃんがいったいどうやって独房内から復讐を果たしたのか、その謎を解かねばなりませんから、おとうちゃん目線では進められないんですよね。

Next

完全なる報復

彼は発明家でかなりの資産家となっていて、廃倉庫も彼の所有物だった。 テーマは司法取引だけど、仕事観や人生観に大きく影響を与えている。 クライドの妻子を惨殺した犯人が、担当検事ニックの独断による司法取引によって極刑を免れる。 これは一度立ち止まり考え直すということをサボり、決められたスジを淡々と処理していくという法律運用のルーティン化が招いたものであるかもしれません。 観念した様子で、娘との思い出のブレスレットを眺めながら爆死するジェラルド・バトラー。 あらすじを全く知らない状態で見たので、序盤の展開の速さにまず驚く。 心電図と点滴を付け、生かしたまま少しずつ体を切り刻もうとする。

Next

完全なる報復 (2009)

その他日本語吹き替え:、、、、 スタッフ [ ]• 幸せな家庭で妻子とともに過ごしていた、特許をいくつも持っているエンジニアのクライド。 そして、理不尽に殺される事を悲しんでいた。 そしてこのわからなさっていうのは、映画全体のテーマにもつながるように思います。 ジェラルド・バトラー• どこに、誰に、視点を置くかで見え方も感想も異なるだろう作品。 獄中からどうやって殺人を犯しているのか、という所が大きな引きになっているんだけど、それがまさか、外にいた頃、刑務所の独房全てに繋がる穴を掘っていて、そこから抜けてきただけという、いくらなんでもバレるだろうっていうもの。 ラストも納得できない人が多いのかもしれません。 『オイオイ!それってアカンやろう?!』って。

Next

映画 『完全なる報復』〜シネルフレ(CINE REFLET)作品紹介〜

そんなことは観る前からわかっていて、これらの作品に限った話でもない。 一連の事件をニックが担当することとなり、直接証拠はないためクライドを自白させようと策を練る。 日本ではこの制度はありません(情状酌量はあっても)。 車の爆発シーンなど、爆破シーンが後半に頻出する。 キャントレル検事はクライドが来ている事を伝え、説明するようニックに指示を出す。 上映時間:108分• もちろん偶然だけどちょっと気の毒。

Next