麒麟 が くる ウルトラセブン。 『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

そして今現在、ドラマが進むにつれて、当初の疑惑が確信に変わっていったという。 ウルトラ警備隊隊員説。 優秀な息子がいる。 (そして続編では何事もなかったかのように復活されているのでしょう) なんでこんな当たり前のことをいまさら言っているかといいますと。 2月23日に第6話が放送されたが、うち4話が「ウルトラセブン」似の副題になった。 その後、ネット上で「ウルトラセブンの第17話『ウルトラ警備隊西へ』じゃないか?」という指摘が上がると、賛同の声が一気に広まった。 例えば初回の「光秀、西へ」は、セブンの「ウルトラ警備隊西へ」(17話)のようだと早くも話題になった。

Next

「麒麟がくる」のタイトルに隠された「ウルトラセブン」の法則

- Togetterはてなブックマーク - 麒麟がくる のサブタイトル やっぱりウルトラセブンじゃねえか!!タイトルバックの絵も、物語のノリも。 大河のスタッフもそこに着目したんじゃないでしょうか。 以下、完全な雑談、というか戯れ言です 一説には、「」のタイトルはオマージュの傾向が見られるそうですね。 第1回「光秀、西へ」が「ウルトラ警備隊西へ」(14、15話)、第4回「尾張潜入指令」が「アンドロイド0指令」(9話)、第5回「伊平次を探せ」が「明日を捜(さが)せ」(23)、23日放送予定の第6回「三好長慶襲撃計画」が「セブン暗殺計画」(39、40話)に似ているという。 なぜかって? ここまでヒントを出せば、勘のいい方ならお分かりでしょう。 ドラマの製作者が、かなりのウルトラセブンファンなんじゃないでしょうかね」. 部下には厳しい。 それは、第1回からのタイトルが、ことごとく特撮ドラマの金字塔である「ウルトラセブン」(67年、TBS系)をリスペクトしている点だ。

Next

『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 麒麟がくる のサブタイトル やっぱりウルトラセブンじゃねえか!!タイトルバックの絵も、物語のノリも。 大柿城攻城戦での「エイトオエイ」再登場• さらに、麒麟がくるに於ける番組のオープニングでは黄色と赤を主体とした配色という、炎の中を馬に乗った明智光秀のシルエットが効果的に使われてるのに対して、ウルトラセブンもやはり黄色と赤がメインの画像で番組が始まるという、この点も2つの番組の関連性が指摘されている。 娘がいる説もある。 (石田伸也). (ウルトラアイ/20XX)• 史実のさん、暗殺されそうになったときは自分で刺客に脇息ぶつけて身をかわしているし、基本武闘派だし、本来は決してヒロイン属性あふれるタイプではないはずなんですけど。 おそらく「」でさんが御臨終になる際も、さんに向かって 「いま沈んでゆく夕日が私だ。

Next

『麒麟がくる』が仕掛けた遊び心が話題「これウルトラセブンじゃん!」

でも本当は戦闘員ではない。 それにしてもさん襲撃計画。 タイトルに隠されたメッセージをこうやって丹念に読み解けば、結論はひとつ。 大河ドラマの製作者が最初からそのことを見込んでいたとすれば、狙いは大当たり。 なんて、籠城している長慶さんを救いに各地から六万もの兵が集まってきたんだもんな。

Next

[B! 大河ドラマ] 『麒麟がくる』のサブタイトルはウルトラセブンのタイトルのオマージュだった「最終回のタイトルは『史上最大の反逆』に?」 #麒麟がくる

。 これらの根拠を踏まえればさんとは科学的に完全一致していると言っても過言ではないと思われます。 若いときから大物に囲まれて育ったさんは悪い意味で怖いもの知らずになり。 例えば初回の「光秀、西へ」は、セブンの「ウルトラ警備隊西へ」(17話)のようだと早くも話題になった。 「」終盤、老境に入ったさんの演者を さんからさんにサプライズチェンジされることを今のうちから仄めかしているということなんですね。

Next

麒麟がくる「第六回 三好長慶襲撃計画 感想とウルトラセブン」

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部) 画像『 』. 内容としても• だが、ツイッターでは「製作陣にセブンのファンがいるのでは?」「(敬意を込めてあえて似せる)オマージュかも」などと大盛り上がりだ。 ドローンを駆使したダイナミックな撮影や、原色を鮮やかに散りばめた衣装や風景など、人気の高い「戦国大河」に、さらに新風を巻き込んでいる。 (/)• そして「紀行」に越水城がまさかの登場 等々、見応えある回でございました。 放映前はヒロイン役だった沢尻エリカの逮捕劇で撮り直しに追われ、初回が2話遅れるという前代未聞のアクシデントもあったが、ここまで2ケタの視聴率をキープしている。 第4話の「尾張潜入指令」は、セブンにおける「アンドロイド0指令」(9話)に、5話の「伊平次を探せ」は、文字こそ違うがセブンの「明日を捜せ」(23話)と、6話の「三好長慶襲撃計画」は、セブンの39話「セブン暗殺計画」と符合する。 ははーん。

Next

「麒麟がくる」副題は「ウルトラセブン」似?とネット話題「光秀、西へ」「ウルトラ警備隊西へ」など続出― スポニチ Sponichi Annex 芸能

今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」と、半世紀以上前に放送された特撮番組「ウルトラセブン」(TBS系、1967~68年)の意外な共通点にネットが沸いている。 NHKによると、「麒麟がくる」の副題は物語展開に沿ってストレートに命名。 第1回「光秀、西へ」が「ウルトラ警備隊西へ」(14、15話)、第4回「尾張潜入指令」が「アンドロイド0指令」(9話)、第5回「伊平次を探せ」が「明日を捜(さが)せ」(23)、23日放送予定の第6回「三好長慶襲撃計画」が「セブン暗殺計画」(39、40話)に似ているという。 比較するべく、2つの番組の放送済み、およびにこれから放送予定のサブタイトルは以下のように羅列する。 主演のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好調である。 ()さんの必死に殿を救おうとする姿• (あくまでドラマの現時点段階の話です) そういう視点を補うべきなのが、さんであり、さんであり、・主従な訳で、実際にこれだけ豪華な人物・役者陣を揃えてもいるのですから、ドラマにおけるさんの志がこれからますます磨かれて強靭なものになっていくといいですね。

Next