リバプール 戦術。 リバプールのユルゲン・クロップ監督の評判は?名言や戦術も紹介!

リバプールのフォーメーションとは?【最新スタメン・メンバー一覧】

ツートップで相手CB2人、下りてきたファビーニョ、インサイドハーフ2人の計5人をケアする非常に効果的なプレス。 プレッシングという局面を考えると、相手GKの存在などにより相手のビルドアップに対して数的不利な状況を強いられるため、いかに選択肢を限定し、局所的な数的同数(あわよくば数的優位)を作り出すかがポイントとなる。 これを綴っていこう。 中央から右サイドへとポジションを変えたヘンダーソンは攻撃面で新たな魅力を創出し、主将としてチームを牽引している。 逆三角形というよりは3枚のMFが横に並ぶ形で、それぞれが広大な範囲をカバーしている。 NSガチャ情報• どちらも魅力的なサッカーを展開することに変わりなく、だからこそ、この一戦は注目を浴びるものとなった。 そのスペースにサラーが入り込む• つい数年前までならば、こうした非建設的=破壊的な守備のアクションは「アンチフットボール」という一言で切って捨てられていたかもしれない。

Next

リバプール戦術分析・マッチレビュー/vs トッテナム/モウリーニョとの闘い

クロップやディ・フランチェスコはおそらく、ピッチ上に自らの秩序を構築することにはほとんど興味がなく、むしろ秩序が失われたカオスの中に自由や解放の喜びを見出すタイプなのだろう。 Match Information. まとめると、SB裏をIHがケアできる左サイド、CBが出ないといけない右サイド。 アーノルドもロバートソンもパンチのある低弾道の早いボールを蹴れるので、時間をかけずに反対側のスペースを突くことでチャンスを生み出します。 ところがイングランドのフットボールは、そこから伸び悩んでしまう。 得点シーンは37分。 かたや、ビッグディールを次々と成立させ、トランスファーマーケットの主役となり、プレミア制覇を目論むチーム、かたや、的確な補強でチーム力を底上げして連覇を狙うチーム。 今回発表されたウェールズ代表メンバーは以下のとおり。

Next

リバプールのユルゲン・クロップ監督の評判は?名言や戦術も紹介!

。 フィニッシャーとしての才能を開花させた。 なにしろ、決勝トーナメントの全29試合中、1試合の総得点が2以下(ブックメイカー的に言うとアンダー2. そのため中央のヘンダーソンも積極的に前進してプレッシャーをかける。 ここで言う「ストーミング」をもう少し具体的に定義するならば、ビルドアップに対する超攻撃プレッシングとボールロスト時のゲーゲンプレッシングを組み合わせた、敵陣でのアグレッシブな守備によるボール奪取とそこからのショートカウンターを中心に据えたゲームモデル、ということになるだろうか。 残念ながら、前半に退場者が出てしまい、後半は全く持って別のゲームになってしまったが、この試合でチェルシーが見せたものは、これからのシーズン、そしてこれからのチェルシーに大きな期待を抱かせるには十分過ぎる試合内容だった。 そこへサイドチェンジが入れば一気にリバプールはチャンスになる。

Next

ストーミングの代表格リバプールがポジショナルプレーのエッセンスを導入した理由

それは、 相手のクリアの方向です。 例えばグアルディオラ監督時代のバルセロナの、敵を押しこんだ状態で攻撃を進め、奪われた瞬間近くの選手からプレッシングをかける、というのも同様だ。 シティ戦はそこから同点を許している。 ドイツに1-7で敗れたブラジルがいい例だが、昨季、バルセロナに「レモンターダ(大逆転)」を許して敗退したパリ・サンジェルマンもそうだ(CLのラウンド16で第1戦に4-0で勝利したが、第2戦は1-6で敗れ、2試合合計5-6で敗退した)。 「時間」を奪うプレッシング まずは、リバプールの最大の特徴であるプレッシングについてだが、その主原則は 「相手に時間的余裕を与えないプレッシングでミスを誘発する」というようなものだろう。 ただし、このレポートはカウンターの有用性を説いたものではない。 04 10:05 Fri どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。

Next

ユルゲン・クロップ

ホームのフィンランドは、2019-20シーズンのプレミアリーグでその名を挙げたFWテーム・プッキ ノリッジ が先発。 これを恐れていたのでランパード監督はハイプレスを行わず、まずは場所を消す守備を選択したのだろう。 監督一覧• まとめ クリステンセンが退場するまで、かなりハイレベルな駆け引きを行いながら試合が進んでいた。 では今回はチェルシーがいかにしてリバプールのプレスを掻い潜り、そして筆者がどこにチェルシーの可能性を感じたのか。 そしてSBのオーリエを一列あげて右SHに配置。 そしてトランジション等によりポジションがずれた場合。 事実、先日のCLラウンド16で激突したバイエルンとのゲームのようなビッグクラブとの対戦では、ボール保持には一切執着を見せず、プレッシングとカウンターの局面が多く見られるような展開になった。

Next

バイエルンを欧州の頂点に導いた新名将フリック。新機軸戦法の正体|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

引く相手に対して、ロングボール、サイドチェンジ、ポジションチェンジによる攻勢で風穴を見つけ出してきたリバプールですが、アトレティコの強固なブロックは最後まで隙を与えず、シメオネらしいと言えばシメオネらしい、割り切りのある戦い方でもあったと思います。 まずクラブチームの活動に関して述べれば、「ヘイゼルの悲劇」などの影響により、ヨーロッパの大会から締め出しを食らう。 リヴァプールのRSB 選手 総合力 プレースタイル 94 攻撃的サイドバック 97 攻撃的サイドバック 96 攻撃的サイドバック リヴァプールのLSB 選手 総合力 プレースタイル 93 攻撃的サイドバック 94 攻撃的サイドバック リヴァプールのCB 選手 総合力 プレースタイル 96 ビルドアップ 93 ビルドアップ 97 ビルドアップ 98 ビルドアップ 97 ビルドアップ 97 ビルドアップ 95 守備的サイドバック 97 ビルドアップ 96 ビルドアップ 92 守備的サイドバック 89 ハードプレス 90 ビルドアップ 最新情報• 17-18CL準々決勝第2レグ、マノラスのヘディングで3-0。 同じように「攻撃と守備が一体不可分になったゲームモデル」でありながら「秩序とカオス」という対極的な関係にもある「ポジショナルプレー」と「ストーミング」。 ) 終わりに• 今季はリーグ開幕戦で負傷し、2ヶ月に渡って離脱したが、新加入のGKアドリアンがその間、7連勝で穴を埋めた。 第3章では、ワトフォードがボールを奪った後、どのようにカウンターを仕掛けたのか、ついて。

Next

リバプール、クロップ監督の戦術「ゲーゲンプレス」の意味とは? 単なるカウンターではない新時代の戦術【ゲーゲンプレスの原点 前編】

さらにDMFヘンダーソンからも良質なボールが供給されるので、ここに対してもCFハヴァーツが牽制を行う。 これでチェルシーは後半からほぼ為す術なく、防戦一方になり、敗戦を喫することになった。 リバプールの脅威の1つでもあるSBに対してはWGがしっかりと牽制を行うことで、そこからの縦のボールを防ぐ。 そしてそれ以降、リバプールはアトレティコの固い壁に阻まれ続けてしまいます。 南野ははるかに快適で効果的で、システムの中における自分の居場所を確信しているように見えた」 また、これまで両ウイングのFWやFW、中央のフィルミーノらの代役を任された際に苦戦していたことを回顧しつつ、「しかし、前線の3人の後ろでプレーし、彼らとポジションチェンジしながらプレーすると、南野は全く別人のように見えた。 効果的なストーミングは相手チームをパニックに陥れ、ときにはボロボロにできる。

Next