時 透 無 一郎 夢 小説。 #13 ⑤恋柱の継子ちゃんは何も知らない。

炎々と生きる

「良い子。 原因は有一郎のきつい口調にあった。 俺の妖精を見んな!!!切り刻んでやる!!! 時透くんには血管が切れるくらいブチ切れてたけど、甘露寺が全力で殴ってるのに呆気に取られてしまった。 伊藤舞と申します。 そんな有一郎とは対照的に無一郎の表情は笑顔だ。 「そのままじっとしてろよ」 「え・・・?」 有一郎は無一郎の髪を器用にまとめると先ほど取りに行った髪ゴムで彼の長い髪を結い始めた。

Next

#時透有一郎 #鬼滅の刃 無一郎くんは料理が苦手です(*時透兄弟しか出てきません。現パロ)

柱合会議で私命の覚悟しなきゃ。 縁側に近づき甘露寺の声が聞こえてきた。 本来は表情豊かで、喜怒哀楽の激しい人なのだろうかと無一郎は考えた。 「当人が話したくないことを無理矢理聞くのはどうなんでしょう?」 笑っているが、どこか作り物染みている。 どこか、師匠を弟のように思っていた。 そのうちの1枚を無一郎と有一郎は半分にして食べることにした。 母親や父親になんて説明をすればいいだろうか。

Next

【時透無一郎】天才。【鬼滅の刃】

別に間接的に口づけしてもかわいい弟みたいなものだし。 ちなみに推しは時透くんが圧倒的最推しです!!!!!!!!!! だって転生したことに気づいてこの世界が鬼滅の刃の世界って知った途端に私何したと思う? 自力で日本中の山とかに登りまくって鱗滝さん見つけて鬼殺隊に入って、 今では師匠と呼んでる時透くんに弟子入り志願ならぬ、継子入り志願したもん。 ……お前は其処を動くな。 千代は組紐をぎゅっと握りしめた。 「これにあとは卵と牛乳さえあれば作れるし!ね!作ろうよ!」 ・ ・・もうこいつを止めることはできないだろうな。

Next

【時透無一郎】天才。【鬼滅の刃】

「 なんだ、この小動物。 長い髪は一括りに後ろで纏められており、表情は凍りついたかのような人形じみた無表情で、服装はこの寒空の下には似つかわしく無い藍色の長襦袢に『赤い』羽織一枚という寒々しい風体をしている。 「これ買ってたから帰り遅くなっちゃったの・・・?」 「・・・・・」 有一郎はふいっとそっぽを向いてしまった。 なればその頭を、その脳を揺らせば或いは………」 __なにを言っているんだ?この人は。 *まだ千代が養子に入ってすぐの設定です 当時5歳だった千代は時透家に養子に入ってからも時々ぐずぐず泣いていることがあった。 」 「名前を聞く度に傷ついたような顔をしていた。

Next

#オリ主 #夢小説 1 時透無一郎 アーモンド

先に飲んで!!私は後に飲ましてもらうから!!!!!」 と言い放ったのである。 「・・・・これ」 1人思いにふけっていると、有一郎が突然沈黙を破った。 「頑張ってたって結果がついてこなきゃ無意味だろ」 有一郎は千代にさらにきつく言い放つ。 私の口は勝手に動いていた。 年代的に時透くんいてよかった。 千代は有一郎が優しいのは知っていたが時々あの言い方に傷つくことがあった。

Next

子供ができました。【時透無一郎】

無一郎はしのぶを無視して勢いよくしゃがみ込むとそのまま耳をぴたりと地面につけた。 あぁ、でも、柱合会議での時透くん見てみたい。 そんだけ混ぜたんだから」 有一郎がホットケーキミックスの袋を丁寧にハサミで開け無一郎に渡す。 だが、しのぶだけは景寿郎の事についてあまり多くを語らなかった。 」 「でも、不思議と一緒にいて、この子はどこかで会ったことがある。 無一郎が有一郎を説得したのもあってしぶしぶ八百屋からまわったのだが、案の定野菜が多く途中で千代がへばってしまったのだ。

Next

#オリ主 #夢小説 1 時透無一郎 アーモンド

だから思い出したんだ。 だって目の前に好きな人、もとい最推しキャラがいるんだぞ? 立って、歩いて、動いて、話してるんだぞ? とりあえず、一番近くに居られるポジションをとるだろう? そのあとに心のシャッターで撮りまくる。 。 | | |ー……秋の夜の霧立ちわたりおほほしく夢にぞみつる妹が姿を。 有一郎は深くため息をつき彼を止めることを諦め仕方なくキッチンへ向かい調理道具を出し始めた。 でもなんでしのぶさんは気がつかないわけ?ここまで『殺気』を浴びせられているのに」 __なにを。

Next

『【鬼滅の刃】ゆめつむぎ【短編集】』第22章「*猫が踊る【時透×縫製係】」 334ページ

」 目ん玉が飛び出そうなくらいに目を見開いたあろう事かそれを冗談だと思ったのか笑い飛ばしたのだ。 柱としては最年長だそうです。 __それがこの慌てぶり、ひょっとして十二鬼月? 「真っ直ぐ、息を切らすことなく向かってきてる。 それはうねりながら歯茎を、口の中を撫で回して。 」 クピリ、クピリと音がなって飲み干されていく。

Next