地下鉄 定期 券 払い戻し。 定期の払い戻し完全ガイド!【メトロ・都営地下鉄】編!クレジットカードの場合は?

定期券の払戻し・書換え・再発行/札幌市交通局

一方で、これを知らずに翌日になってから使おうとするともう使えない。 払い戻し手続きはどこで行うのか? 都営地下鉄の場合は、定期券発売所がある駅でで払い戻しを行うことが可能です。 払い戻しは通常と同様、1か月以上有効期間が残っている場合手数料を収受して実施する。 質問と回答 Q1 定期券はどこに行ったら買えるのですか? 定期券 お客様のご都合により使用を中止される場合は、有効期間内のものに限り、定期券の発売額から使用した月数分(1ヶ月未満の日数は1ヶ月に切り上げます)の定期運賃と手数料220円を差し引いた額を払戻しいたします。 詳しくはをご確認ください。 定期券払い戻しのルール 払い戻しの場所 定期券発売所で行います。 定期券• 払戻すまでは絶対に定期を使用してはいけない! 上記の通り最終利用日が払い戻しの起点となるため、払戻すまでは定期を使用しないようにしましょう。

Next

市営地下鉄定期券について 横浜市

購入時に使用したハマエコカードが必要です。 JR等他の鉄道も、各路線の定期券窓口で払い戻しが可能です。 をご覧ください。 >> 日付変更について 京都市営地下鉄の乗車券の有効期限は購入日の当日のみ。 払い戻しには、本人確認書類(運転免許証、パスポート、学生証等)及び印鑑(サイン)が必要です。 近鉄などとの連絡乗車券は220円。

Next

地下鉄・市バス定期券、特例で払い戻し受け付け 京都市交通局、コロナでの休業対象 |社会|地域のニュース|京都新聞

書換えしたい定期券• 有効期間に2月28日が含まれない通学定期券、学都フリーパスのほか、通勤定期券、大学生や専門学校生の通学定期券を払い戻す場合は、4月7日以降の最終利用日に手続きしたとみなす。 再発行できますか? (無記名式 icscaの場合も必要です) ・申込書やご持参いただいた証明書と、 icsca に登録された名前等の内容が異なる場合、払い戻しができないことがありますのでご注意ください。 身分証明書など本人確認書類 を定期券発売所へお持ちください。 地下鉄回数券の払戻場所 有効期間内に限り、地下鉄各駅窓口にてお取り扱いしております。 また、定期券機能のみを払い戻し、引き続き 記名SAPICAとしてご利用いただくこともできます。 クレジットカード購入の場合 クレジットカード購入の場合は、クレジットカードを通して返金がされます。

Next

定期券

これは手続き上利用したクレジットカードも必要になるため、クレジットカードはカード会社との規約により他人(家族を含む)に預けることができないためです。 ・入金(チャージ)残額または定期券払い戻し計算額がそれぞれの手数料に満たない場合は、払い戻し額が手数料となります。 Q9 大学生等が対象の市バス通学定期券はお得であると聞きましたが,どこがお得なのですか? 南海電鉄-Osaka Metro-阪急 なんば・大阪梅田接続• )確認後,書き換えが可能な場合は証明書を発行いたしますので,これを定期券発売所にお持ちいただき,新たな定期券の交付を受けてください。 定期は「月単位の契約」となりますので、1ヶ月と1日使った場合でも「2ヶ月使用」とカウントされます。 クレジットカード一体型SAPICAのクレジット機能のみを解約したい時は… 先に提携事業者(銀行など)にてクレジット機能の解約手続きを行ってください。 またどのようなパターンでも、払い戻す際に 手数料220円がかかりますのでご注意ください。

Next

新型コロナウイルス感染拡大に伴う市営地下鉄定期乗車券及び回数乗車券の取扱いについて 横浜市

払い戻しの申請期間は各社異なるので注意が必要。 4月8日以降に定期券を使っておらず、残り有効期間が1か月未満の場合 払い戻し額はありません。 払い戻しに行く際には、 公的証明書(免許証や社員証(写真付きのもの)、パスポートなど)が必要になります。 通学定期券、通勤定期券で異なります。 都営地下鉄 都営地下鉄はやはり高いですね。 定期券の払い戻しは定期券発売所のみで取り扱います。 なお、払戻手数料220円がかかります。

Next

検索結果

発売した定期運賃から使用した月数分 有効開始日から払戻し申出日までの経過月数。 したがって、日付変更はできない。 また、バスの定期も電車の定期も1枚のカードに収めることができるので、お出かけのときは、これ1枚で済みますし、繰り返し定期券の情報を記録するため廃棄券が発生しないのでとてもエコです。 定期券の区間を変更する際は新しい定期券を購入してください。 ・カードを返却せずに入金(チャージ)残額のみを払い戻すことはできません。

Next