インフルエンザ 日本 年間 死者 数。 図録▽インフルエンザによる死亡数の推移(主要国比較)

新型コロナ: 「インフルエンザでも人は死ぬ」との比較※追記あり:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

ニュース個人でも、感染症専門医のが詳しい解説をしているし、旧知の病理医である峰宗太郎先生も、詳しい記事を書かれている。 17 インフルエンザ 2〜3 約0. " it's still far higher than the 0. 05%) (資料)毎日新聞2009年4月30日 こうした点についてふれた毎日新聞2009年4月30日の記事を以下に紹介する。 それもすごい勢いで広がっています。 「効果がどこまであるかどうかわからないが、やってみるしか無い」くらいの謙虚な物言いをしているなら、まだ理解できますが。 それにより若者を含め一定の割合で死亡します。

Next

なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味 怖いのは新型コロナだけじゃない

上巻 死亡 第5-29表 「感染症による死因(感染症分類)別にみた年次別死亡数及び死亡率(人口10万対)」 投稿者: カテゴリー:• 自分の愛する人が、そういう自分本位な考えの人から感染し、苦しい思いをして死んでしまってもいいと思えるような冷酷な人間が、日本に多く存在しないことを願います。 しかし、このまま自粛を続けていたら、コロナウィルスにではなく、経済に殺されるひとがたくさん出る世の中になってしまう恐れがありますよね。 オーストラリアもクルーズ船(ルビー・プリンセス)の乗客を下船させましたが、そのせいで感染者が急増し、すでに規制がはじまっています。 でも、1億2000万人の日本でこれを行うと、肺炎での死者数は2万人を超えてくると考えられますので、それは恐ろしいです。 あまり話題になっていませんが、人口800万人弱の小国スイスは人口当たりの感染者率がイタリアに近づいており、こちらも6人以上の集会禁止(罰金あり)など、。 世界のどこでも、そんなことはしていません。

Next

インフルエンザの日本国内での致死率はどのくらいなのか?超過死亡数と厚生労働省の人口動態調査に基づく二つの推計

感染症対策の病棟は全国に2000もあります。 2016年• が今できるcovidに対する守りの医療はコストがかかりすぎて医療崩壊が起きやすい状態です これは疾患の症状の違いと治療法が確立していないことが問題です 順当にかかってコントロール下にある感染症ならいいんですけどね。 また、もともと健康な方でも、以下のような症状を認めるときは、すぐ医療機関を受診してください。 新型インフルエンザ等発生時に初期対応を行う「検疫所」「医療機関」「保健所」における感染対策に関する手引き mohnoとその他の危機だと思ってる人へ コロナの致死率は信用にならない、分母が間違ってるからだ、風邪と言うのは発症する人が何百万人も居てほとんどが軽症なんだよ、致死率は相当低くなるだろう、 ちなみにコロナの感染者が多くなったって言ってるが現状でも少ないですよ、インフルエンザと比べればすぐわかる、症状も感染者数も死亡者数もインフル1か月分と比べたら話にならないぐらい少ないですよ 日本だと3ヶ月もたって60人しか死んでいない、これはインフルの2日分の死亡者にしかならない、コロナはインフルより軽症が多いことから感染を拡大させやすいはずなのにこれしか死んでいない、明らかにコロナは大したことが無い 感染者数で致死率を出してるみたいだけど、風邪の場合は殆どの人が病院行かないし、感染者数が何十倍でもおかしくない、よって致死率で危険だと言う意見は破綻してると言える また仮にコロナの致死率がたかく感染力も高いのならば、インフルエンザと比べて50倍近く死亡者数が少ないのがありえない、3ヶ月たっていて60名しか死んでいないって事は、致死率は相当低いと言えるだろう、感染爆発するってのも、もう3ヶ月もたってるからこれから起こることは相当ありえないだろう、 仮にコロナより大したこと無いと貴方方が言っているインフルエンザが流行した去年は1日50人死んでいるのだから、明らかにコロナはインフルエンザ以下の危険度だろう それどころか毎年風邪からの肺炎で10万人が亡くなっているから、コロナの死亡者数はその一部に過ぎないだけではないかと思われる、月単位で8千人は亡くなってるはずで新型コロナでの死亡者数が少なすぎる、危険度は相当低いと言える ちなみに不景気になると自殺者が年間3万人ほどでるそうだ・・・・明らかに経済を自粛すべきではないだろう、コロナの死亡者数なんてすぐ超えてしまう・・・ 仮定で経済自粛は一番やってはいけないことだ、今の日本がイタリアのような現状なら経済封鎖も意味があるが、現在の日本の現状はコロナなんてどうでも良いぐらいの被害しかない 知能があって考えることが出来るならしっかりと考えたほうが良いだろう、以上 統計情報の比較は、母数の取り方が揃ってないと意味をもちませんよ? 現時点では、相殺するパラメータもありません。 集中して重篤患者が発生しなければ、医療崩壊は絶対に起きません。

Next

図録▽インフルエンザによる死亡数の推移(主要国比較)

143• そのデメリット 規制する期間と規模、それにより失われる損害 がどれくらいになり、それで得られるメリット 目指す・期待できる感染状況 はどれくらいであると考えて実施するのか、それを提示できないのであれば説得力はありません。 毎日、テレビや新聞、あるいはSNSなどを通じて、感染の広がりや政府の対応に関する情報が飛び交い、不安を募らせている方も多いだろう。 もし「日本は8000万台くらい自動車を保有してるのだから、千件くらい死亡事故が起きるのは問題ない」と思われていたら、こういう変化はなかったでしょう。 このことからも理解されるように、このOECDのデータは国際基準に沿った死亡診断書ベースの死因統計による結果であり、インフルエンザが直接の死因であるケースしかカウントされていないと考えられる。 新型コロナが話題になっている間に、今年のインフルエンザは消滅したようですが、新型コロナの勢いは衰えることがありません。

Next

インフルエンザの日本国内での致死率はどのくらいなのか?超過死亡数と厚生労働省の人口動態調査に基づく二つの推計

緊急事態宣言 新型コロナウイルスの感染が拡大している。 なお、近年の死亡者の9割以上は65歳以上の高齢者である点については図録参照。 その時点で、私はあなたの意見は聞くに値しないと判断しますので。 クライシス・コミュニケーションとは、 不測の事態を未然に防止するため 万一、不測の事態が発生した場合にその影響やダメージを最小限にとどめるための 「情報開示」を基本にした 内外の必要と考えられるさまざまな対象に対する 迅速かつ適切なコミュニケーション活動 のことです。 田代氏は毒性について「今後、遺伝子の突然変異で病原性を獲得しないという保証はない」としたうえで、遺伝子解析の「予備的データ」の結果として、現段階で「強い病原性を示唆するような遺伝子はない」と「弱毒性」との認識を示した。 強毒性のH5N1型鳥インフルエンザが新型に変異した場合に比べ「それほど大きな被害は出ない」とみられ、「全く同じ対策を機械的に取るのは妥当でない」と述べた。 糖尿病などの代謝性疾患• ) 昨今の鳥インフルエンザが脅威とされているのは、トリからヒトへと感染するだけでなく、このような大きな仕組みによってヒトからヒトへと感染する能力をインフルエンザウイルスが獲得し、ヒト間で感染が拡大する可能性が指摘されているからである。

Next

【年間死亡者数3,000人超】コロナウイルスより恐ろしいインフルエンザ

そしてこれは有効な薬がまだ見つかっていない、 そんな状況での死者の数だ。 30 ~ R2. 感染爆発したら、取り返しがつかないくらい長期的に影響を受けるのですから。 3~29. マスコミやあなたのようなブロガーにとって、危機を煽れば煽るほど視聴率や 発行部数あるいは閲覧数の増加につながるし、最近「刺激的」な話題がなかった から祭りのように楽しんでいるんでしょうが、ちょっと数字を冷静に眺めれば やはり「過剰反応」と言われてもしたないですよ。 69 35 (注)国立感染症研究所の資料などから。 そして2019年はその数を上回る死亡者が報告されているようです すみません、、集計未完了。 日本でも年間3,000人死者を出すインフルは騒がないのに、なぜコロナは大騒ぎなんでしょう。

Next

新型インフルエンザに関するQ&A|厚生労働省

新型コロナの予防接種かできるようになれば、何割の方が受けられるのでしょうかね。 私は医師(病理医)だが感染症の専門家ではないうえ、刻一刻と事態が変化しているので、このウイルスに関する詳しい解説等は他の専門家に任せる。 顔色が悪い(土気色、青白いなど)• 落ち着けよ一回。 "(研究によれば、40歳未満の年齢層では致死率は0. 167• 中国の例を挙げているようですが、増加のペースが減る? 具体的にはどれくらい? ことを指しているのですか?それとも、感染者がゼロになることですか?中国については「他国にマネは難しい」「中国もまだ全解除には至っていない」という文章を書いているようですが、つまりまだ中国も収束していないということでしょうか?また、マネできないのであれば、参考にはならないということですよね。 こうしたミスリードは、対策を遅らせることにもつながる。 インフルエンザで入院した人でも、肺炎を併発したり、持病が悪化し心不全などその他の病気で亡くなったりした場合は含まれない。 2~28. 高齢者 これは、インフルエンザに限らず、いつも注意を呼びかけられている方々ですね。

Next