失敗 の 本質 日本 軍 の 組織 論 的 研究。 「失敗の本質―日本軍の組織論的研究」のオーディオブック

『失敗の本質』が教える破綻する組織の特徴とは!? 8つの要点まとめ

あと個人的に非常に興味深かったのは 第3章に述べられていた、組織の機能としての 分化と統合について 組織の環境適応理論によれば、ダイナミックな環境に有効に適応している組織は、組織内の機能をより分化させると同時に、より強力な統合を達成しなければならない。 組織内の融和や調和を優先させ、合理性をこれに従属させた。 00 投稿日:2011年08月29日 日本人の個々は素晴らしい能力や責任感をもって任務を遂行するが、組織活動となると、上位組織と下位組織や横の連携が有機的にできない。 ミッドウェー ミッドウェー海戦は大東亜戦争のターニングポイントとなった戦闘として有名です。 これが本当に大事です。

Next

【楽天市場】失敗の本質 日本軍の組織論的研究 (中公文庫) [ 戸部良一 ](楽天ブックス)(2ページ目)

空虚な精神論が唱えられる。 その戦争で、日本が負けた要因はいったいなんだったのかと研究者たちが考え、執筆したのが『失敗の本質』です。 p107~ ・ガダルカナル作戦 陸戦のターニングポイント 失敗の原因は、情報の貧困と戦力の逐次投入、それに米軍の水陸両用作戦に対して有効に対処しえなかったからである。 今こそ、日本自体が本当の意味で「変わることができる」、その瞬間を迎えているのではないでしょうか。 組織論、歴史の観点から読み解くのはもちろん、現在の企業・経営論にもつながる多角的な見方がされているといえます。

Next

『失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)』(戸部良一)の感想(692レビュー)

第1章で6つの作戦から日本軍の失敗の要因を抽出し、第2章でその特徴を分析、第3章でその要因を考察するという構成になっています。 5人が参考になったと回答• 日本軍が戦前日本において最も積極的に官僚制組織の原理(合理性と効率性)を導入した組織であり、しかも合理的組織とは矛盾する特性、組織的欠陥を発現させたとすれば、同じような特性や欠陥は他の日本の組織一般にも、程度の差こそあれ、共有されていたと考えられよう。 当社では過去現在の様々なSDの方に業務のTips等をシェア頂いている。 何度も言いますが、紙の本を買われる方は予約して下されや~。 戦力集中という点で有利な状況を生んでいた。 敵に遭遇したら銃口を空に向けて三発打つと、敵は降伏する約束になっとる」 結局食糧は敵に求めるという方針が押し通り、結果インパール作戦において食糧と弾薬の補給はほとんどなかったことが日本軍の敗北を決定づけ、さらにその損害を大きくした。 日本軍の失敗の今日的課題(第3章) 第3章では、第2章で見られた日本軍の特性や欠陥が今日に継承されていないか、日本軍の失敗が意味する今日的課題の提示と解明が成されています。

Next

失敗の本質 ~日本軍の組織論的研究~ | 外資系・MBAの転職・求人ならアクシアム

一つは、日本軍の失敗の要因は組織が適応能力を失ってしまった点にあるということ、そしてもう一つは、その日本的組織の特徴は現代にも受け継がれている、ということです。 しかし当時の日本は、個々の経験から科学的に分析するなどといったことはおこなわれず、いわゆる「やればできる」のような精神論でまとめられていたのです。 ・情報 ・科学的思考 ・明確な目的 は重要になってきます。 この作戦は徐々に悪化する戦局打開のための賭けとしての一面もあった。 戦局が悪化したことによるビルマ防衛のための作戦だったが、日本はすでに敗色が濃厚になり、衰えつつある国力から見て、戦局全体にとって必要かつ可能な作戦だったとは思えない。 また 大本営、陸軍、海軍の意思決定組織が、 それぞれ目的を共有できていない。

Next

『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』から何が学べるのか?

2つ目の話と重なる部分が多分にあるのですが、 時代が変化すると、 昨日正解だったことが、 今日不正解になっているということが 往々にしてあるということです。 また、内部の浸透性というか、そこに澱みがあればあるほど情報伝達「報連相」がうまくいかず、結局不得手になってしまうという事もよく分かった。 なんとなく(というかハッキリと!)、とある人物の顔が浮かんでくる項目さえあります。 」と説く。 と語られることが多い第二次世界大戦なのですが、 この本は、そういった論調ではなく、 日本軍の作戦の失敗例 (ミッドウェー海戦やガダルカナル作戦など) を取り上げて、 日本国の組織的特性の欠陥に焦点を当てた本になっています。 288。

Next

失敗の本質 / 戸部良一

「ミッドウェー作戦」では、日本海軍が兵力量と練度において米太平洋艦隊を上回りながら、その優位性を発揮できなかった。 これまた興味のない戦国武将を調べるよりも、よほど時代に合っていそうです。 このままだと、全く書かなくなってしまう。 ガダルカナル作戦 大東亜戦争の陸戦のターニング・ポイント 1942年8月7日から1943年2月7日 陸軍が陸戦においてはじめて米国に負ける。 野中郁次郎「」 18 『』朝刊2019年9月19日(文化面)2019年9月24日閲覧• p268 ・曖昧な戦略目的 軍隊という大規模組織を明確な方向性や目標を欠いたまま指揮し、行動させることになった。 初版発行から35年経った現在でも多くの愛読者がおり、鈴木博毅氏の『』や野中郁次郎氏の『』など、さまざまな関連書籍が出版されています。 具体的な例を挙げていきます。

Next