桔梗 の 家紋。 加藤清正の家紋について解説。明智光秀との意外な関係とは?

桔梗紋 (ききょう)

三浦三つ引・中白(みうらみつびき・なかじろ)- 三浦氏 -• 三つ柏紋の場合、葉脈三本 計21本 ・葉脈四本 計27本 の2種類がある。 桔梗紋は鎌倉時代から続く 土岐氏とその一門が用いた家紋です。 備前蝶はを作ったあの池田輝政が使用していた家紋です。 丸に抱き柏(まるにだきかしわ)• 違い杵(ちがいきね)• 利休橘(りきゅうたちばな)• 丸の内に竪三つ引(まるのうちにたてみつびき) -• 丸に梅鉢 揚羽蝶 例. 七つ星・七曜(ななつぼし・しちよう)- (定紋)• 立ち葵• つまり自分の 財産を意思表示しておく意味があったのであろう。 動物紋• 三つ盛亀甲に剣花菱(みつもりきっこうにはなびし)• 松浦星(まつうらぼし)-• 大和桜(やまとざくら)• ある戦の時に野に咲いていた水色の桔梗の花をの前立にさして戦ったところ大勝利を得たことから縁起のいい花として桔梗の図案を家紋として採用し、清和源氏を象徴するものとなった。 日向釜敷き(ひゅうがかまじき)• 相馬繋ぎ馬(そうまつなぎうま)• 薺(なずな)• 丸に上り藤(まるにのぼりふじ)• 朽木鳩(くちきばと)- 鸚鵡(おうむ) [ ]• 桔梗の花は絶滅危惧種。

Next

【刀剣ワールド】武将の家紋一覧

対い鶴(むかいづる)- -• 立ち牡丹(たちぼたん)• 紫・白・ピンクの桔梗に加え、珍しい八重の桔梗も見られますので、 桔梗を堪能できるのは間違いないですよ。 。 桔梗の花が描かれた桔梗紋は一見して可愛らしい印象を受けますが、この家紋を使用していた偉人たちは悲劇的な運命を辿ることが多かったようです。 この紋は日蓮宗の開祖である日蓮が使用したもので、日蓮宗の信徒がよく使っています。 梔子(くちなし)• 水車(すいしゃ)• また 『神農本草経』にある漢方薬の主剤の一 つとしても知られる。 百足(むかで)• 鸚鵡(おうむ)• 丸に真田銭(まるにさなだぜに)- 家• 枝竜胆(えだりんどう)• 丸に下り藤(まるにさがりふじ)- (寺紋)-• 本能寺の変が起きたのは、今でいう6月2日。

Next

家の家紋は桔梗なのですが、庶民もこの紋を使用していたのでしょ...

花園丁子(はなぞのちょうじ) 蔦(つた) [ ] 蔦 のひとつ• 丸に桔梗紋は日光東照宮に多数ある謎が知られていますが、祖先の歴史ある菩提寺もまた東照寺という名称だったので、東照宮に丸に桔梗が多数あるというのは、家康は神になった後も常春に守ってもらいたかったんじゃないかと、歴史の謎に何らかの関係があるのだろうかと気になりるところです。 徳川葵(とくがわあおい)• 丸に左三つ巴(まるにひだりみつどもえ)• 折敷に二文字(おしきににもじ)- 打板・提盤(ちょうばん) [ ]• 三つ葉竜胆(みつばりんどう)• 鍬形(くわがた)• キキョウの花 「桔梗紋」はキキョウ科の多年草「キキョウの花・葉・茎」を図形化して家紋となりました。 篭目・籠目(かごめ)• 桔梗と一緒に見られるのは、 ユリや ハンゲショウ など。 桔梗は藍色の 美しい花を咲かせるキキョウ科の植物で 秋の七草の一つとして数えられる。 丸に違い柏(まるにちがいかしわ)- 、大倉氏• 牧野梯子(まきのばしご)-• 三文字(さんもじ)• そこで、間に入る 人物を斉藤から羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)交代させ、「阿波(徳島)と土佐(高知)のみにしろ」と命じました。 丸に九曜(まるにくよう)-• 丸に鬼三つ柏(まるにおにみつかしわ)• 並び柊(ならびひいらぎ)• (まるにみつあおい)- - - (寺紋)• 折敷に縮み三文字(おしきにちぢみさんもじ)• 明治政府で軍制改革を進めていた大村は、軍事施設の視察のため京阪方面に訪問した際、守旧派からの襲撃を受けました。 大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)- 山内首藤氏 - 五味氏 -• 丸に三つ足橘(まるにみつあしたちばな• 丸に抱き柊(まるにだきひいらぎ)• 一方では、「桔梗」を分解すると「木」「吉」「木」「更」、 「更に吉(さらによし)」と縁起を担いだとも言われています。

Next

桔梗|ききょう

蟹桜(かにざくら)• 浅野扇(あさのおうぎ)-• 四つ楓(よつもみじ)- (歌舞伎)• 安倍晴明 家紋と言えるかどうかはちょっと疑問ですが、陰陽師の 「安倍晴明」は「清明桔梗」と言われる桔梗紋を使用しています。 一方で、加藤清正が美濃国の出身であることからともいわれている。 昔から ヘビは神聖なものとされていました。 桔梗紋 加藤清正は 桔梗紋も使っていました。 三日天下の原因の一つに、秀吉との戦いの際に味方として頼った武将らが動かなかったという点が挙げられます。 蓮の花(はすのはな)• 桜浮線綾(さくらふせんりょう)• 丸に違丁子(まるにちがいちょうじ)• 植物紋• 山口笹(やまぐちささ)- 牛久山口氏• 左三階松(ひだりさんがいまつ)• 丸に根笹(まるにねざさ)-• 丸に竪木瓜(まるにたてもっこう)-• 丸に剣桔梗(まるにけんききょう)• 六つ水車(むつすいしゃ)-• 立花扇・七本骨扇に祇園守(たちばなおうぎ・しちほんほねおうぎにぎおんまもり)-• これはその名の通りヘビの目の形からとったものです。 梨の切り口()-• 他の季節ですと、藤・紫陽花・向日葵などが見られるかも。

Next

桔梗寺の谷性寺(こくしょうじ)と5万本のききょうの里

横見桔梗(よこみききょう)• 加藤清正 加藤清正も「蛇の目」の家紋だけでなく、桔梗紋も使用していました。 日数から見ても、四国からの手紙がこの日数で光秀のもとに届いたとは考えにくいです。 利休藤(りきゅうふじ)• 家紋は桔梗紋。 丸に割り菱(まるにわりびし)• この尾藤知宣が使用していたのが「桔梗紋」であったため、加藤家家中には「蛇の目紋」と「桔梗紋」の混在が見られるようになり、清正自身も両紋を併用するようになった、と伝えられている。 龍馬ら坂本家は、明智光秀の娘婿であったの子、明智太郎五郎を先祖としていることから用いている。

Next

「桔梗」の家紋

松葉加茂葵(まつばかもあおい)• 諏訪梶の葉(すわかじのは)-• 丸に伊の字(まるにいのじ)- 小菅氏• 植物紋• スポンサードリンク この記事のまとめ 加藤清正が用いた2つの家紋について、理解していただけましたでしょうか。 昭和蔦(しょうわつた)• 器材・建造紋• 三つ楓• 母系紋の成り立ち 女系の集まりでは一目で分かるという一種の連帯感や安堵感。 筏(いかだ)• 橘(たちばな)- -• 二つ葉竜胆(ふたつばりんどう)• All Rights Reserved. イの字菱(いのじびし)• 丸に地抜き長の字鶴(まるにじぬきながのじづる)• 亀山竜胆・隅切り角に三つ葉竜胆(かめやまりんどう・すみきりかくにみつばりんどう)-• 榊(さかき)• 三つ盛菊菱(みつもりきくびし)• 丸に松皮菱(まるにまつかわびし)• 中輪に違い鎌(ちゅうわにちがいかま)• 三つ河骨(みつこうほね)• 寛永銭・寛永通宝(かんえいせん・かんえいつうほう)-• 植物紋• 丸に七本骨扇(まるに ななほんぼねおうぎ)• 亀甲に剣花角(こもちきっこうにけんはなかく)• 三つ割り菊(みつわりきく)• ただ、手紙がなくても元親が恭順することを光秀は解っていたのかもしれません。 二つ藤巴(ふたつふじどもえ)• 帆掛け船(ほかけぶね)- -• 花を投げ、それを見て運勢が吉なのか,凶なのかを占ったのです。 木瓜花菱浮線綾・徳大寺木瓜(もっこうはなびしふせんりょう・とくだいじもっこう)-• の「桔梗」の旗紋は「白地に水色で染付けした桔梗紋」と「水色の地に染め抜きの桔梗紋」がある。 他にも、 当時の人々はヘビを神秘的なものと捉えており、このイメージを家紋として図式化する際に、ある種のお守り 護符 としての意味合いを与えたようです。

Next

加藤清正の家紋について解説。明智光秀との意外な関係とは?

土岐氏が用いたという「水色桔梗」は色彩紋で、現代でいう「水色」ではなく「浅紫色」を施す。 的(まと)• 八つ丁子(やっつちょうじ)• 桔梗紋にまつわる悲劇のエピソード 桔梗紋を使用していた大名などの数名が悲劇的な最後を遂げています。 蜻蛉(とんぼ)-• 丸に日の丸扇(まるにひのまるおうぎ)-• 佐竹扇・五本骨扇に月丸(さたけおうぎ・ごほんほねおうぎにつきまる)- 佐竹氏• それにしても加藤清正と明智光秀が先祖を同じくするということには驚きました。 十枚笹(じゅうまいざさ)• 坂本龍馬もこの桔梗をモチーフにした家紋を使用しています。 抱き棕櫚(だきしゅろ)-• 真田六連銭・真田銭(さなだろくれんせん・さなだぜに)-• 器材・建造紋• 花陰杏葉牡丹(はなかげぎょうようぼたん)• 子持ち割り柊(こもちわりひいらぎ)• 田字草()-• その功績により肥後と豊後の一部を与えられた清正は、熊本藩の初代藩主となりました。

Next