検事 長 検事 総長。 安倍首相が黒川氏をどうしても検事総長にしたかった事情とは

稲田伸夫検事総長の経歴や学歴などプロフィールまとめ!妻は稲田朋美なの?

4 2006. 官房長官も13日の会見で、「首相官邸に近い黒川氏の人事が捜査や現場に悪影響を与えるのではないか」との質問に対し、「(人事は)検察庁の業務遂行上の必要性に基づいて、所管する法相から首相あてに閣議請議があって決定した」と反論したが、検察庁内ではこれらの説明を額面通り受け取る者は皆無だ。 その最大の理由の一つが、5月15日の「言論テレビ」だと見ていい。 無理する必要はない」と決断。 安倍政権は検察ナンバー2の黒川検事長をナンバー1の検事総長にするために法解釈をねじまげて裏工作したと非難されましたが、安倍首相にとっては??でした。 そうした流れから黒川検事長が次期検事総長の路線で、 ゴーン逃亡によって稲田検事総長が 自分が責任を取って退官したように記録に残りかねないので このタイミングでの退官を拒否。 その権限は強大で、時にその決断が政権の命運を左右することもある。 法務官僚時代にざっくばらんに話のできた黒川氏が検事総長なら、政界事件が起きた時に、政治にとって暴走とならないよう、検察に対する重しの役割を担ってくれるとの期待もあるだろう。

Next

黒川検事長辞職 安倍政権の人事介入が招いた不幸な結末

ここ数年、法務事務次官ポストをめぐって張り合って来た黒川、林氏をめぐる変化の理由を説明する前に、この欄でも紹介した法務・検察の幹部人事をめぐるここ数年の「異変」を簡単に振り返り、検事総長人事の特殊性についても説明しておく。 とはいえ、14年5月末以降、中央省庁の幹部候補600人の人事は、内閣人事局が官房長官のもとで一元管理し、各省庁の局長以上の幹部候補者名簿を作成し、首相や各大臣が協議して決定することになっている。 黒川検事長辞任という実を結んだ? いえいえ、違います。 大阪、東京社会部を経て91年、朝日新聞社入社。 まず、根拠だ。 4の位置づけ。

Next

黒川氏処分経緯「内閣と協議し検事総長に伝えた」 法相

検察幹部の定年を延長する「特例規定」とともに、改正案が批判を浴びた一因が黒川弘務・東京高検検事長(当時)との関係だ。 検察庁法には定年延長の規定はなく、法務省は「苦肉の策」として、国家公務員法の規定に基づいて黒川氏の定年を半年延長する案を首相に示した。 検察内部の守旧派(主流派)のトラの「尻」を踏んだ安倍政権 「ざまあみろ」とはしゃぐのも結構ですが事実関係をふりかえりたいと思います。 黒川さんは半年延長しても8月には退職だから、稲田さんが辞めなかったら結局総長にはなれないからね。 今月中旬、検察庁法改正案への著名人らの抗議ツイートが急速に拡散する中、安倍首相は菅官房長官の名前を挙げ、周囲にぼやいた。 検察は正義の味方という大前提で動いています。

Next

EconomicNews(エコノミックニュース)

検察官は国家公務員ではあるが、定年延長がないのは、誰がやっても捜査や起訴に公平性がなければならないからだ。 強い危惧の念を抱かせる事態である。 人事院が1981年の国会で、「検察官に国家公務員の定年制は適用されない」と答弁していた経緯があり、政府は「法解釈の変更」と説明したものの、答弁は二転三転した。 朝日新聞が黒川氏を検事総長にすることに反対しているのは 癒着関係にある林検事長を検事総長にするためですか? 引用 少なくともこの50年、法務省では検事総長への出世は 東京高検という検察内のNo. 稲田氏は拒み、4月に京都市で開催予定だった第14回国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス=新型コロナウイルス対策で延期)を「花道」にしたいとの意向が官邸側に伝えられた。 黒川氏は賭けマージャンの責任をとって22日に辞職した。

Next

稲田伸夫検事総長の経歴や家族構成が気になる!年収や退職金はいくら?

異例の人事が発表された2日後の日曜日。 1973年、早稲田大学政経学部卒業後、毎日新聞社入社。 法務・検察の組織整備や運用改善などを担当した。 検察が本気になって腐敗を暴き出せば、いかに政権側に指揮権発動という伝家の宝刀があろうとも、メディアを味方につけて政権を転覆させることも可能である。 検察OB、弁護士(日弁連)、野党、共産党まで動かしています。 表向きの理由は「検察庁の業務遂行の必要性」。 立民 安住氏「事実ならうその答弁」 立憲民主党の安住国会対策委員長は「法務省が懲戒処分が相当だとしたにもかかわらず、安倍総理大臣や官邸が『だめだ』と処分を軽くしたことが事実なら、安倍総理大臣は国会で、うその答弁をしたことになる。

Next

黒川検事長の学歴・経歴が超優秀!?高校や大学についてや後任は誰など!

政権への打撃を懸念した首相側近の今井尚哉首相補佐官が今国会成立見送りを進言すると、首相も「強行採決までして通す法案ではない。 【5月29日追記】林真琴氏が東京高検検事長に就任 林真琴氏が東京高検検事長に就任することが決定しました。 黒川弘務・前東京高検検事長(63)の同期で、検事総長レースのライバルと目された林真琴氏(62)が法務省刑事局長から名古屋高検検事長に転出した。 同じ日に、法務省から内閣に報告があり、決定について異論が無い旨を回答した」と述べました。 この中で、安住氏は、辞職した東京高等検察庁の黒川検事長を訓告の処分とした経緯などを安倍総理大臣に直接ただす必要があるとして、衆議院予算委員会で集中審議を行うよう求めました。

Next

WEB特集 揺らぐ“検察への信頼”~検事長定年延長が問うもの~

法務・検察幹部は「林氏が検事総長候補の最右翼」と内外にアピールする意味も込め、2016年夏時点で林氏を事務次官に登用する人事を立案した。 筆者は、その人事変更の経緯を2016年11月22日の本コラムの記事「」で取り上げたのを皮切りに、2人の人事をフォローしてきた。 だが、首相官邸はこれを差し戻した。 皆さんのコメント、拡散を協力お願いします。 現行制度では、検事総長を除く検察官の定年は63歳で、黒川氏は林氏より早い今年2月に定年を迎える予定だったが、内閣が「異例の閣議決定」で半年延長した。 稲田氏が退任しないと、2月が定年の黒川氏は後任に就けない。 7年にもわたり、幹部官僚人事を思うがままに動かした安倍官邸は、あたかも霞が関全体を掌中に収めたかのごとくふるまっている。

Next

稲田検事総長が退官拒絶、後任含みで黒川氏に異例の定年延長

共著に「ルポ 内部告発」(朝日新書)、「田中角栄を逮捕した男 吉永祐介と 特捜検察『栄光』の裏側」(朝日新聞出版)、「バブル経済事件の深層」(岩波新書)。 今後、黒川氏を検事総長に就けることは、国民に対する誓いを破り、重ねて「李下に冠を正す」ことになることを認識すべきである。 これに対し、森山氏は、まずは法務委員会や内閣委員会で質疑を行うべきだとして、否定的な考えを示しました。 政治家の不正摘発が使命である検察は公正であるだけでなく、政治的に独立していることも求められる。 法務省大臣官房長や、法務事務次官を経て、東京高等検察庁検事長。

Next