落第 剣士 の 学院 無双。 なろうの『一億年ボタン』の評価・感想まとめ

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた ~落第剣士の学院無双~

正直胸が張り 裂 ( さ )けそうなほどドキドキしている。 一目惚れした少女との恋愛。 型破りな傭兵のアインハルトと堅物な女騎士のアリア、生き方も性格も正反対な二人はまさに水と油だね。 本題より副題の方がタイトルっぽいというね。 【第1巻あらすじ】 周囲から『落第剣士』と蔑まれる少年アレン=ロードル。 「修業も大切なんですけど、そろそろ一度くらい故郷の母さんに顔を見せに行こうと思いまして……。 それに彼女の 紹 ( しよう ) 介 ( かい )先ならば、安心して働くことができる。

Next

なろうの『一億年ボタン』の評価・感想まとめ

繰 ( く )り返します。 今入ってきた男、あの 過 ( か ) 酷 ( こく )な試験を受けて無傷だぞ……!? 「一億年ボタン!? 屈強な肉体と、卓越した魔術。 ドドリエルの 奴 ( やつ )に『 逃 ( に )げた』と思われるのだけは絶対に 嫌 ( いや )だ。 さすがの俺もこれにはムッとした。 そんなにプロ意識が高いのなら、こんな素人の無料小説投稿サイトじゃなく他の然るべき場で活動するか、いっそ「この作品が商業化したらそちらに集中したいので削除します」と作品の概要及び後書きに前もって記載してはどうかと思う。 4章開始! そして、相棒との約束。

Next

学院無双 小説家になろう 作者検索

禁断の魔物を開発する組織。 落第剣士が疑 い半分でボタンを押した次の瞬間、その身に絶大な力が宿るのを感じた。 驚 ( おどろ )くほどに活発な人の往来と先進的な建物の数々に 惑 ( まど )わされながらも、何とか千刃学院の正門にたどり着くことができた。 ドドリエルとの決闘から数日が経ち、俺へのいじめはますます 酷 ( ひど )くなった。 …かもしれない。 さすがに我々の判断で落とすわけには……」 「うぅむ、 ア レで我流ですか……。

Next

『一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた ~落第剣士の学院無双~』のドラマCD化が決定

コミックPASH!• 主人公のレイが通うアーノルド魔術学院は、本来貴族や名家の子たちが通う場所。 とても励みとなっております。 「そ、その……どこにも所属していなくて……。 本作は小説投稿サイト「」発の作品で、まったく剣術の才能に恵まれなかった少年が、一億年ボタンという魔法のアイテムにより、長い時間を費やし努力の剣士として最強の力を手にする物語を描く。 かつて自分を落第生として追放した学院に再入学し、その名を轟かせていく…! どんな長大で危険なダンジョンも、時間停止で安全マッピング! 最深部にいるボスと出会っても、ボスの能力を上回るまで鍛えてから、楽勝撃破! どんな困難も鍛錬で乗り越える、努力無双ストーリー! 「時間停止能力があるのに、エロいこともせずに何してたの!?」 「筋トレ」 「えっ」 「筋トレ」 暴走トラックに轢かれて死亡した16歳の女子高生『隆美』は、幸運にもキリ番を踏んだおかげで『魂の管理人』というお爺さんから、『前世の記憶』と『人間の平均の1万倍の魔力』、その他の能力を貰って異世界に転生できることになった。

Next

月島 秀一

『行かない』という 選 ( せん ) 択 ( たく ) 肢 ( し )はない。 そりゃそうだ。 いったいどこの有名剣術学院の出身だ?」 「見たこともない制服だが、とんでもない実力者ってことは間違いないな……っ」 いったいどういうわけか、この場にいる全員の視線が俺に集中してしまった。 魔法学院に通い、冒険者としても活動し、知恵と幸運を活かして世界の核心へと近付いていくのだった。 迫 ( はく ) 力 ( りよく )のある顔立ち。 神を越え、魔王をも倒した男であっても、世界最強の龍には敵わなかったのだ。 例にもれず、彼もまた人として生きることは出来なかっ た。

Next

二:落第剣士と剣術学院 1

上位入賞者三名には、少なくない額の賞金が 進 ( しん ) 呈 ( てい )されると聞く。 「はぁ……」 災難だった。 「ふぅー、終わったぁ……っ」 さすがにかなり 緊 ( きん ) 張 ( ちよう )した。 一万年が経つ頃には、考えることをやめていた。 マガポケ. う~ん、もうアレンにチートチャンスは無いんだろうか。 コミックガルド• ドラマCDの脚本は著者である 月島秀一氏の書き下ろしオリジナルストーリーとなり、主人公のアレン=ロードル役を 花江夏樹さん、ヴェステリア王国の王女・リア=ヴェステリア役を 竹達彩奈さん、桜華一刀流の正当継承者・ローズ=バレンシア役を 雨宮天さんなどが担当する。 そもそもぶつかってきたのは、このバブルとかいう大男の方からだ。

Next