鶴 の 一声 意味。 鶴のスピリチュアルな意味と暗示|千羽鶴の意味や夢・メッセージ

『鶴の一声』と言うことわざがありますが、意味の由来は一体何でしょうか...

人間と神様をつなぐ、ありがたい鳥であるとされてきたわけですね。 ちなみに東西の青龍と白虎の横軸は、 「龍虎」という言葉に象徴されるように 「双璧」を表します。 有力者・発言力のある人の言葉で、その場にあふれていた意見が一つにまとまることを表します。 権威者などの言葉のたとえになったのは、昔からめでたいことが起こる前兆の鳥として、高い位置を与えられてきたことも大きく影響してると言われています。 どちらも長寿のシンボル 鶴と亀はどちらも「長寿」の生き物です。

Next

「鶴の一声」の意味と使い方・由来や例文

「word」が「言葉」を、「top」が「上の人」を意味しており、「上の人の言葉」という意味になります。 山口県や鹿児島県にも冬には渡り鳥の「ナベヅル」「マナヅル」が飛来するそうで、何れも天然記念物に指定されているんですよ。 だから、権力者ではない人間が、周りの人たちが使う言葉であるというのは覚えておきましょう。 つまり、「凡人がアイディアなどを列挙して発言するより、優秀な人のひとつの発言の方が価値があり重みがある」という事です。 鶴には夫婦円満の意味も 鶴は長寿の縁起物であるのと同時に、「夫婦鶴(めおろづる)」という言葉もあるように夫婦円満のモチーフとしても知られています。 由来を知らなくて、勝手に以下のようなことを想像していました。

Next

「鶴の一声」の意味とは?語源や類語・対義語を紹介!

そして、北は「水性」で、海や水中を表します。 初竹梅や桜などのおめでたい花模様に夫婦円満を意味する二羽の鶴が飛んでいる、華やかな振袖。 意味としては、「大勢で議論しているときに、否応なしに従わせるような有力者・権威者の一言」だそうです。 汚いごみ捨て場に、ひときわ美しい鶴が舞い降りたことからこういわれます。 。 大勢の人が議論し合う状況で、長時間かけて説得するというのとは真逆、権力のある人の意見だけでその場を収めてしまう状況で使用されるのが一般的です。

Next

「鶴の一声」とは?意味や使い方をご紹介

使い所は、会議などで社長や決定権の強い人の一言で、いやおうなしに、決定が下されたときなどに使えます。 大勢の人が議論し合っているなか、権力のある人物が、一言で場を収めてしまう状況で使われます。 「鶴の一声」は「優れたものの一言が重い」ことを比喩した表現となっています。 権力のある人物が、たった一言でその場を収めた状況で使用できます。 鶴の声は、深い谷底で鳴いても天に聞こえることからいわれます。 よい方向へと進んでいるので、この場合「鶴の一声」は良い意味で使われています。 鶴の習性は、「何かの前触れがあるとすぐに感じ取り、迂回したり、陣営を替えたりする」用心深い習性であります。

Next

「鶴の一声」意味と使い方 なぜ鶴なの?

今回は「鶴の一声」という言葉について解説をしてきました! 「鶴の一声」という言葉1つだけでもその人の「力」を感じることが出来る面白い言葉でしたね! 新しい言葉を覚えたところで、是非「鶴の一声」タイミングが来たら活用してみてくださいね! 関連記事 一部広告含む• 「鶴の一声」の語源の由来になったのも納得です。 まとめ 「有力者の一言」を意味する「鶴の一声」という言葉。 由来からしっかり確認したので、次に使う時は自信を持って使えると思います。 鶴と亀は寿命が長い生き物代表なので、縁起の良い賀寿などの際に使われます。 そこで、めでたいものとされています。 このような状況を表した言葉が「鶴の一声」です。

Next

【雀の千声鶴の一声】の意味と使い方の例文

小鳥たちがたくさん集まっても鶴のような大声にはなりません。 反対に、「つまらない者によるたくさんの言葉」を表しているのが「雀の千声」です。 鶴というのは首が長く、金管楽器のように音を共鳴させることで、 周囲の数百メートルに響き渡るくらいの非常に大きな鳴き声を発することができます。 これは主にパートナーに危険を知らせるためであり、鶴が鳴くというのは相当な異常事態が起こった証拠なのだとされています。 日本にもこの思想は古代に入ってきて、平安京がこの思想に基づいて造られたことは、広く知られています。 長い首をいっぱいに伸ばして、天を仰ぐようにして泣きます。

Next