マルカ サービス。 MIDマルカサービス の一覧|ホイールカタログ|カーポートマルゼン公式サイト アルミホイールとタイヤの専門店

レイズ、経営陣を派遣 マルカサービス支援

00 5 50 7. 親会社となったホイールメーカーのレイズ(三根茂留社長、大阪府東大阪市)と協力しながら、収益力を高めるための取り組みを進めている。 MIDという聞き慣れないプロジェクトからのリリースだが、母体となっているのはホイール界のビッグネームであるマルカサービスだ。 そのような信頼性の向上を背景に、高次元で具現化したものが『RMP』(アールエムピー)と『NITRO POWER』(ナイトロパワー)という、ふたつのフラッグシップブランドだ。 リーズナブルな価格としながらも、デザインと信頼性には妥協しない、こだわりのモノ作り。 その経緯は 「当社は自社ブランド品のホイールの製造を中国工場に委託しているため、為替リスクを低減させようと2006年から通貨デリバティブ取引を開始したが、その後円安によって損失を計上した。 それだけに、自分のクルマに履いているホイールが実は「マルカサービス製だった」なんてこともあったりするかもしれない。 0J 139. みんなで食事に出かけたり、週に3~4回ジムに通っているスタッフもいますよ。

Next

【PR】マルカサービスに聞いた! カスタマイズ向けアルミホイールのデザイン最新事情

工場での製造クオリティを徹底して引き上げることで、製品の安心感と信頼感を高めるのが狙い。 当日のお買上レシートとマルカを一緒にお近くの店舗までご持参ください。 さらにセンター部分も複合アールで構成して陰影を強調するなど、随所にギミックが与えられていて、視覚効果を活かすことで個性的かつ豊かな表情を作り出している。 0J 139. インチ リム幅 P. 「日刊自動車新聞・用品大賞2020」を受賞 自動車の業界紙、日刊自動車新聞が開催している「日刊自動車新聞・用品大賞2020」。 さらに昨今のクルマに合わせてゼロからデザインした高いデザイン性も魅力だ。 そのためMIDでは設計、製造段階から安全性を第一に高品質化を目指し、製造するホイール一本一本で高いクオリティを実現しながらデザイン性の高いモデルを追求する商品開発を行うのも特徴。

Next

美しいのは当たり前! マルカサービスのホイールは高い安全性に真価あり

そしてフランジ部分を持ち上げた独自のスポーク断面形状を採用。 そんな冬のトラブルにも負けないホイールを取り扱っているのが、マルカサービス。 次世代のホイール界をリードするMIDの新たな製品群に注目しよう。 ちなみに全体で40~50名のスタッフと共に新営業所をスタートさせることになるでしょう。 安全性を最優先に「ほしい」と思わせる優れたデザインの提案 アフターホイール市場で10%超という高いシェアを誇る「マルカサービス」。 [通話無料]• アフターパーツのアルミホイールが初めて販売されて以来、これまで何種類のホイールが作られてきたかは見当もつかないが、1つ言えるのは、長い歴史の中で常に人気を保っているクルマ好きにとって普遍的ないくつかのデザインがあるということ。 安全性ありきの製造プロセス クルマというのは機能面だけでなく、デザインでも人気が左右される趣味性の高い乗り物。

Next

マルカカード

30 5 48, 55 7. この記事は有料会員限定の記事となります。 日本国内の工場で厳格な試験を行なうことまでを含めてがMIDの取り組みなのである。 サンプルの028Fは「2本組のスポークが8つある」デザインを採用したもので、この形状はスポークの数とスポーク間の隙間のバランスがいい。 一般的にはあまり知られていないことだが、ホイールの製造現場での品質管理の一端を紹介してみよう。 多くを選べるいまだからこそ確かな選択を さて、細かな描写は省略するが、海外製造されて日本国内で流通しているホイールは、残念ながらそのテスト基準が大きくバラついているのが実情だ。

Next

マルカサービス株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (1281)

特徴は光が当たったときに陰影がハッキリ出やすいというところだが、この陰影がハッキリする特性は、角度の違う面をたくさん盛り込んでいるRMPホイールには効果十分。 開発・設計を自社に持つことの大切さと必要性をあらためて感じた同社だからこそ力を入れている部分だ。 冬のスタッドレス需要をターゲットにしたホイールというと、価格の安さにウェイトが置かれがちなのだが、そこに加えて安全・安心という日本の安全基準に則った強度面などもしっかり担保できていることが評価された。 まさにクルマにとっての社会インフラのような存在なのだ。 MIDには、スノー、カジュアル、ハイエンドと3段階のホイール展開があり、特に数あるシリーズの中でも、「RMP」、RMPから派生した「RMPレーシング」、SUV向けの「ナイトロ」、「ガルシア」、「ヴァーテックワン」というハイエンドシリーズを揃えている。 4mm リム幅 ホイールの横幅のことです。

Next

「MID」ブランドに込めたマルカサービスの願い

そんな同社がMIDというプロジェクトを立ち上げて新たな出発を果たしたのだが、今回はMIDの掲げるコンセプトや、狙う物作り、今回リリースされた新ブランドである「RMP」「NITRO POWER」の概要について紹介していくこととする。 東海エリアでは、創業以来ずっとトップクラスのシェアを誇っているんですよ。 この点について、シリーズの特徴でもあるスポーク部を例に取って解説すると、通常、スポークは天面(正面のこと)の幅のまま奥まで同一だが、これを天面を頂点にしてホイール奥へ向かってサイドを斜めに広げる形状にしている。 でも、だからといって変化を与えないと未来的になっていくクルマのデザインや、ホイールが大径化することによる見え方の変化などに追いついていけない。 機能に直結する応力分散の解析に関しても、設計段階から3〜4ヶ月かけてじっくり進められる。

Next

MARUKA SERVICE[マルカサービス]

ナローなリム幅でもディープ感が演出される。 将来的にはMID=マルカサービスという統一的なイメージさえ見据えたプロジェクトとして注目されている。 スポークエッジは面をそぎ取るマシニング風に処理を施し、スポーク部の肉抜きや、大径感を演出するスポークデザインとなっている。 1961年創業のマルカサービスはカー用品の卸をしている会社です。 またMIDのコンセプトでもある「インテリジェント」を、いわゆるカタチだけをマネしたものと一緒にしてもらっては大間違い。 MIDの掲げる第一のテーマは高品質化だ。

Next

ホイールの新たな潮流を生み出す“マルカサービス・MID”

インチ リム幅 P. そんなばらつきを抑え品質を安定させたのも今回の取り組みの成果。 生産効率が非常に高いからこそ成立している価格とも言える。 取引は一部解約したが、14年の消費増税による販売不振、さらなる円安により収益はさらに悪化していた。 アルミホイール市場で大きなシェアを持つマルカサービスで最新事情を聞いてきた 今回紹介するマルカサービス株式会社は昭和48年に設立した自動車用の各種用品を取り扱う卸売業を行なう会社だが、設立時からとくに力を入れてきたのがホイールの取り扱い。 Pitch Circle Diameterの略号で、ホイールの穴と穴の間隔のことです。

Next