市 原市 ハザード マップ。 浸水(内水)ハザードマップ|相模原市

洪水ハザードマップ|相模原市

集中豪雨の危険性• 配布場所(令和元年度版) 市役所危機管理課、出張所、公民館、コミュニティセンター web上で確認される方はこちら(令和元年度版) 表面・裏面ともA1サイズが原寸となりますので、パソコン等の画面が大きい端末で確認されることをお勧めいたします。 雨は自然現象のため、ゲリラ豪雨の発生や地域状況の変化などによっては、このマップで着色されていない区域においても浸水が起こる可能性があります。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 地図面には、浸水区域や浸水深、指定緊急避難場所を掲載し、裏面には警戒レベルや非常時の備えなどの風水害に備えるために必要な情報を掲載しています。 各地区の浸水区域をご覧いただくには、上の「相模原市全体図」を参照の上、該当する番号のファイルを下からダウンロードしてください。 このマップは、土砂災害(特別)警戒区域、浸水想定(予想)区域、避難所、一時避難場所、災害時給水ステーションなど様々な情報を記載しています。 津波避難ビルを追加しました 津波避難ビルを追加しました. (2)の対象となる主な地区名 南区大野台の一部、古淵の一部。

Next

ハザードマップ(洪水・土砂災害)|宇都宮市公式Webサイト

ステップ1 地図上で自宅とその周辺がどの程度浸水するのかを確認し、「いざというときの行動指針」の図を参考にして避難の必要性やタイミングを検討しましょう• 想定区域と文字(記号など)が重なっている箇所があるため、文字(記号など)を削除したPDFファイルを追加しましたので、ご活用ください。 スマートフォンでご利用の場合、画面上で2本の指で広げる操作をすることで拡大が、同様に縮める操作をすることで縮小ができます。 串川・道志川編• 浸水想定区域は、対象とする河川の延長や流域などの条件によりそれぞれ異ります。 中央区相生、小山、小町通、鹿沼台、上矢部、共和、相模原、すすきの町、清新、高根、中央、千代田、氷川町、東淵野辺、富士見、淵野辺、淵野辺本町、星が丘、宮下、宮下本町、弥栄の一部、矢部、矢部新田、矢部新町、横山、横山台、由野台。 必要なサイズを選択し、閲覧してください。 数に限りがありますのでご了承ください 上野原市土砂災害ハザードマップ一部変更について 次のとおり土砂災害特別警戒区域 レッドゾーン が一部変更になりました。 浸水対策実施区域• 下記の動画では、「くらしの防災ガイド2020版)」の掲載内容などを紹介しております。

Next

調布市洪水ハザードマップ

次の図は、自宅の状況や想定される水深から、避難の必要性や避難時期の目安を検討していただくための資料として作成したものです。 下記添付ファイルよりダウンロードしていただけますので、ぜひお役立てください。 洪水のおそれのある場合は、避難所、洪水時臨時避難所ではなく、避難場所が開設されます。 (旧津久井町、旧相模湖町、旧藤野町においては、浸水が想定されません。 避難しましょう• 土砂災害(特別)警戒区域など• 詳細の情報は、次のとおりです。 平常時にあらかじめハザードマップの確認、ダウンロードを行ってください。 (外部リンク)• 避難の心得• もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。

Next

土砂災害ハザードマップ

(外部リンク) カテゴリー. 緑区相原、大島、大山町、上九沢、川尻の一部、久保沢、下九沢、城山、田名、谷ヶ原、西橋本、二本松、橋本、橋本台、原宿、原宿南、町屋、向原、元橋本町、若葉台。 1ページ 2行目及び4行目• 県や市では、河川の改修等を進めているところですが、これらの整備には大変長い時間がかかります。 ページ番号1013027 土砂災害ハザードマップとは、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域を地図上に表示したもので、日ごろから土砂災害のおそれのある場所や避難場所などを確認し、災害時の避難行動に役立てていただくことを目的として、警戒区域等の指定が済んでいる地域において作成しました。 関連リンク• 栃木県では、熊川の浸水リスク想定図を作成しました。 こちらから詳細な浸水想定区域図をご覧いただくことが可能です。 このハザードマップをご覧いただき、近年各地で発生している風水害への備えや、避難等の対策を講じたり、自宅や周辺地域の浸水予想区域等を確認し、風水害による被害を低減できるよう有効にご活用ください。

Next

古河市洪水ハザードマップ・ガイドブック/古河市公式ホームページ

ハザードマップ表面の情報、ハザードマップ裏面のうち土砂災害警戒区域については、現在、本市が配布している下記のハザードマップをご覧ください。 また、土地造成などにより地形が変化した場合や下水道整備などの対策を実施した場合、着色されている区域においても浸水が起こらない可能性があります。 立川市防災マップ、洪水・土砂災害ハザードマップ 立川市防災マップは、災害発生時の避難所や市の施設、日頃の備えなどについて掲載しています。 この浸水想定図は、最大規模の降雨により河川が越水、溢水した場合に浸水が想定される範囲、浸水した場合に想定される水深などを色分けして表したものです。 ) また、今後10年間で市が緊急的に浸水対策を実施する予定の区域(浸水対策実施区域)についても記載しています。 また、埼玉県が指定する土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域(がけ崩れが発生した場合に被害を受けるおそれのある場所)を図上に示したものです。

Next

志木市ハザードマップ

市では、国や県から新たに公表された最大規模の降雨による浸水想定に基づき、防災ハザードマップを作成しました。 雨は年々、確実に増えています。 その中の「みんなのハザードマップ」を利用すると、お住まいの地域の災害リスク(河川災害を除く)を、項目ごと又は併せて見ることができます。 防災気象情報の入手先• 洪水ハザードマップの紹介 防災情報面• (1)の対象となる主な地区名 中央区下九沢、南橋本。 はじめに(P1~P2)• 宇都宮市内では、利根川水系4河川(田川、釜川、姿川、武子川)の浸水リスク想定図が作成されました。 栃木県では、塩原ダム下流の浸水想定図を作成しました。 (6)は緑区太井、三ヶ木、若柳の浸水対策実施区域を表示しています。

Next