みちのく 有料 道路 事故。 玉突き事故

玉突き事故

外部リンク [ ]• 法定路線名のの一部を構成し、 東北縦貫自動車道(八戸線)に並行する一般自動車専用道路【A'路線】であるが、都道府県道が(一般自動車専用道路【A'路線】)となるケースはあまり例がない。 E4A (下田百石ICで直結)• に分類されているが、上の区分は第3種第2級であり、及びに必要な第1種の道路の基準を満たしていない。 (昭和55年) - 青森県道路公社が管理する有料道路として供用開始。 [十和田まで46km] 基本的に上り坂が続いていきます。 [十和田 31km] 十和田まで31km。

Next

青森県・みちのく有料道路

[みちのく有料道路入口 ] みちのく有料道路への入口。 車線数:2車線• 英略字は以下の項目を示す。 下り線(三沢・上北方面)の料金所はネクスコ区間の通行料金と第二みちのく料金の合併収受をしている。 2017年5月15日閲覧。 総延長:21. (平成4年)• 関連項目 [ ]• (平成24年) - 降った大雪の影響でのからの区間で通行止めとなった事から12時まで無料開放する緊急措置を採った [ ]。 将来的には、(天間林道路、上北天間林道路、上北道路)、、、と連携し、青森・八戸間を結ぶ高速道路八戸線を補完する 道路として機能する予定。 第二みちのく有料道路は、の開通を前提に計画されており、その開通なしには経営が厳しいことが改めて確認できた」との提言を青森県知事に提出した。

Next

青森県・みちのく有料道路

[ETC・クレジットカードが使えません] 「みちのく有料道路はETC・クレジットカードが使えません」 旧日本道路公団が管理する道路ではないので、ETCの取り扱いはできなくなっています。 通行料金 [ ]• 併せて、をフル化。 料金徴収期間: - (49年間) 当道路は青森 - 間を最短で結ぶ路線ではあるが、 夏季は当道路を避け、交通の流れも円滑で無料のの(たしろたい)を抜けるを通る車も多い。 起点:青森県上北郡おいらせ町高田• ETC/一般共用レーンが1線あるものの、あくまでETC設備はネクスコ区間の処理をするためのものであり、第二みちのく有料道路の料金についてはETCの有無に関係なく、一旦停止した上で係員に現金もしくは回数券で精算をする必要がある。 終点:青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字堀切沢• (平成25年) - 上北自動車道部分開通により設置。 [料金表] …ちなみに調査日現在の通行料金は左の通り。 脚注 [ ] []• 軽自動車等:640円• [料金所300m] 料金所が見えてきました。

Next

玉突き事故

軽車両等:80円 沿革 [ ]• 後に軽食コーナーは終了し、無料休憩所となる。 「」 - 青森県八戸市2019年3月16日閲覧• 起点:青森県上北郡七戸町字志茂川原• インターチェンジなど [ ]• 入口はビルのようになっていましたが、仙岩トンネルを思い出します。 規格:第1種第3級• なお、当路線に関する料金の支払いについては上下線ともおよびクレジットカードには対応していないため、当路線と八戸自動車道以南や百石道路(以下、ネクスコ区間)とをETCを使用して連続走行する場合は注意が必要である。 [追越禁止] カーブがあったりするごとに追越禁止規制がかかります。 ここもまた信号があります。 大型二種 740円• には対応していない。

Next

みちのく有料道路東天間トンネル七戸側ライブカメラ(青森県七戸町東天間舘)

車線数:(完成4車線)• - 上北郡 接続する高速道路 [ ]• ここから先は県道242号を走ってそのまま国道4号に出ることになります。 路線データ [ ]• 大型車 1 :1300円• 2009年(平成21年)6月12日に設置された「青森県有料道路経営改革推進会議」は、2010年(平成22年)1月19日に、「この道路は、単年度黒字を維持していることから、債務は着実に減額していくものの、料金徴収期間が満了を迎える2021年度には返済ができない結果となった。 繁盛しているのかな?? [十和田 41km] 十和田まで41km。 [ ] の( - 間)が開通する以前は、青森市とを結ぶ路線の一つとして活用された。 [県道242号交点] 多分、青森市から走ってきた場合はわからずにそのまま通過してしまうでしょうが、ここで左側から県道242号後平青森線が合流してきておりまして、みちのく有料道路はここで終わっています。 IC:、JCT:、TB: IC 番号 施設名 接続路線名 下田百石から km から km 備考 所在地 E4A ・方面 8 (現道) (現道、国道45号と重複) 0. 終点:青森県青森市大字滝沢字下川原• [新坪川橋] 新坪川橋を渡ります。

Next

玉突き事故

上り線(東京・八戸方面)の料金所は第二みちのく通行料金のみの料金収受を行っている。 設立当時は。 ライブカメラの映像先・方向• 大型車 2 :3020円• ここで全線の通行料金を支払います。 ライブカメラ映像情報 ライブカメラから見える映像・動画、方向、設置先、周辺地図、過去の映像・録画、配信元・管理元などの映像情報。 当料金所付近にあったみちのく憩いの家は、(平成21年)半ばまでの・の様な役割をなしていた。 (平成22年)• [葉抜橋] [滝沢トンネル] 最初のトンネルである滝沢トンネル。

Next

青森県・みちのく有料道路

概要 [ ] 将来的には、・・(・・)と接続し、百石道路を経て、八戸自動車道に接続する予定である。 ネクスコ区間の通行料金はETCやクレジットカードでの精算ができるが、第二みちのく分は現金もしくは回数券のみの精算となっている為、ETC流入の利用者の場合、車載器からカード抜き現金もしくは回数券と合わせて出さなければならない。 [ ] また、冬期間は路面凍結箇所が多く、 スリップ事故が多発している [ ]ため、 地元のドライバーの多くはを利用する。 ただし、隣の下田百石ICで一旦流出し、再び下田百石ICの一般レーンから通行券を取り再流入すると、ETCカードを手渡しする必要がなくなる。 - (2011年8月21日アーカイブ分) - 青森県道公社• みちのく有料道路自体は軽車両(自転車など)の通行が認められており料金も設定されているものの、トンネル区間では50 cc以下の車両は通行禁止となっている。

Next