海神 の 花嫁。 海神の花嫁 1巻 小純月子

海神の花嫁 4話

いまいち 双子の姉が二人が裏切った裏切ったと言っている理由も弱く 話が長くなってきたら 伏線が解けるより ムリがあるほうが気になってきました。 「どうしても勝負せねばならぬと言うのならば、条件を変えてもらいたい。 が、その足が、ふいに凍りついたかのように止まる。 これまで、義母には結婚前からの恋人がいた、という噂がありましたが、実はそれは逆だと彼女は打ち明けます。 そこには、胎児を思わせるような格好で体を丸めたクシュリナーダの姿があった。 ダメ元で当たって砕けろ!という気持ちで始めた新連載、ついに3話めでアンケート1位の座に! そんな小純月子氏はデビュー11年目の実力派読み切り作家。 だが、エレミヤはダリウスの前にヴァナオールを案内した後も、その席に腰を降ろそうとはせず、ヴァナオールのすぐ後ろに立ったままだった。

Next

まんが王国 『海神の花嫁』 小純月子 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

建国神話で言われていることを、全て本当だと解釈するならば、我が国は、建国女王クシュリナーダが生まれ変わった時点で、レギオスに受けた恩を返さなければならないんだよ。 短編女王(勝手に)の長編ってか! ネタバレありのレビューです。 「だが、レギオスに助けを求めた場合は別だ。 ネウストラに入ってからのことを考えれば、国境までの街で補給するか) 胸に呟き、彼女はうなずいた。 妹の凪は、具体的に姉に対して思う事は殆どないけど、小さな島の当主・高良家私有地の自然豊かな森で楽しい時間を過ごすと、その高良家との繋がりを、姉に語る事は一切無かった。 ああああ、もう正直者すぎる…!!ていうか、そんな気持ちがずーっと繋がってるって知ってたらこんなことには…!!(ムンク) ごはん会がおひらきになって、朝和くん達は自宅へ、塩町さんと一緒に凪ちゃんも実家へ向かいます。

Next

海神の花嫁7話(マイクロ13

この者を七貴公子に加えるということは、現在の七貴公子の内の誰か一人をはずすということ。 思わぬところから良作が現れたという感覚で、まだ知らないという方は是非ともチェックをしてみてもらいたいところです。 海神の末裔が支配するという伝説が残る孤島、そこで生まれた双子の姉妹、稔と凪。 楽士の姿がどこにも見えないのにも関わらず、室内には、かすかに音楽が流れている。 伯母上が言っていたとおり、君の胸元にある痣は、海神レギオスの寵愛の御印に違いないよ。

Next

海神の花嫁 4話

が、ジュノーはその瞳を受け止め、肩をすくめた。 そこで、もしかしたら、 「 漫画村・星のロミ」や「 zip」「 rar」といった違法サイトを使用して、読むんじゃないか? そう思われてしまっているかもしれませんが、 実は、「漫画村・星のロミ」や「zip」「rar」を利用する方法ではないありません。 その目には、戦う時と同じ、強い獣のような光が灯っていた。 いや、まさか、そんなことはあり得ない。 途端に、剣の刀身が白熱の光を放って輝いた。 それを制したのは朝和くんの一言でした。 「あ、ああ……」 うなずいたものの、足元がおぼつかないのは自分でも感じていた。

Next

海神の花嫁 4話~7話 ネタバレ注意 画バレ注意

ヴァナオールが、《七枝の剣》を手に、ゆらりとそちらをふり返る。 辛いでしょう、と涙を流す義母。 次々と明かされる、朝和くんにも稔ちゃんにもそれぞれの意味で衝撃の事実。 凪は凪で、 朝和への想いと夢との狭間で揺れる姿がそりゃあもう切ない。 椅子はどれも繊細な銀細工で、背もたれの部分には、いくつかの宝玉が象眼されていた。 しかし、朝和の嫁となる「海神の巫女」候補に稔と凪が選ばれて…!? 大人の恋を描かせたらピカイチ!読みきり集を12冊も輩出し、しかも全冊ヒットさせている実力派の小純月子が、初のシリーズ物に挑戦!大御所作家がズラリと揃う「姉系プチコミック」でアンケート1位という快挙を成し遂げました!孤島というエキゾチックな舞台で繰り広げられる、切なすぎる三角関係に「こんなの読みたかった!」の声が殺到しています!. 赤く光り始めたサージェスの瞳の先で、ヴァナオールは次第に力を失って行きつつあった。

Next

海神の花嫁6話(マイクロ11

ただの偶然だ」 それでも、彼女はジュノーの言い分を認めようとはしなかった。 その間にも、呪文のような言葉が脳内に繰り返され、自分の研究室の状況を見まわしながら、一体何をしたのだろう、と茫然とします。 彼に愛情をこめまくりでツッコミを入れる稔ちゃんを見て、凪ちゃんは幸せそうだと思い、胸がズキリとします。 ただ、まだ早すぎる、とはうつむいて言ってしまうと、塩町さんは理由を問います。 2人の思い出がつまった、懐かしい場所から。 体は、渦を巻く水流の中にあって、それに流されているものの、不思議と周囲の光景がよく見えた。

Next