フィレオフィッシュ リニューアル。 フィレオフィッシュの魚って何? マクドナルドが25年ぶりに製法刷新

マクドナルド「フィレオフィッシュ」リニューアル! 25年ぶりに“おいしさ”進化 / 2019年10月28日

バンズがふわふわになっています。 これまでの味が好きな方は惜しくなる前に、いくつかの店舗へ足を運んでこれまでのフィレオフィッシュバーガーも食べておくのもよいかもしれませんね! マクドナルドのフィレオフィッシュはこれまでも、そしてこれからも人気メニューの1つであり続けられそうですね。 また魚の形ではなくブロック状で輸送することで輸送効率も上がり、かつ2回の冷凍に使用していた電力も削減できるため、CO2換算で約38%の削減効果がありました。 もともとのフィレオフィッシュも大好きだし、別にパサパサだと思ったこともなかったんですが、新しい方のジューシーさを知ってしまったら、もう元には戻れないと思ったレベル。 2019年現在、同社は・のを使用し、で加工した後に日本に輸送している。 二酸化炭素の削減 冷凍が1回になったことで電力の削減。 。

Next

フィレオフィッシュ

com. その旨味成分が流れて少なくなったスケソウダラを成型して 再凍結して衣を付けていたのがリニューアル前の製造工程だったのです。 原材料のスケソウダラの冷凍工程を、従来の「2回」から「1回」に変更し、漁獲した魚をより新鮮なうちに素早く加工して、一度冷凍したら日本の店舗でフライされるまで凍ったまま届く行程になりました。 サクサクした食感にするために、パン粉にクラッカー粉をブレンド 出典:日本マクドナルドのホームページより 新しくなったフィレオフィッシュ 今回リニューアルしたのはフィッシュポーションです。 安いすり身として日本の練り製品業界で幅広く利用され 多くの蒲鉾、薩摩揚げがスケソウダラのすり身で作られています。 これをヒントとして独自の魚フライのホットサンドイッチを作るための試行錯誤を始めた。

Next

【外食】マック「フィレオフィッシュ」25年ぶりリニューアル おいしさをさらに追求 環境問題にも配慮

すでに2019年10月から、全国のマクドナルド店舗で順次切り替えを進めており、10月31日までに全店舗で新しい「フィレオフィッシュ」を楽しめるようになる。 リニューアル前も十分に美味しい こちらは以前のフィレオフィッシュ。 参考文献 [ ]• フィシュポーションの衣はパン粉+クラッカー粉へ 白身フライのサクサクした食感を出すために パン粉とクラッカーを砕いた粉をブレンドして衣付け。 従来の加工で使用していた解凍用の水は、年間で約50%を削減し、淡水資源への負荷を軽減。 未来のお店の形のひとつ。

Next

マクドナルドのフィレオフィッシュ、なにが変わったの?

残念至極。 まず、こちらが新旧フィレオフィッシュのフィッシュの画像です。 、グルーンはの切り身のフライとタルタルソースを使った最初にフィレオフィッシュを完成させ 、店での販売許可を得るためにマクドナルド本社のとの交渉に臨んだ。 バンズに挟まれていないこの状態で食べたのは初めてでしたが、確かにフィレオフィッシュのそれでした! 次に新しいフィッシュポーションをサクっと。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 タイの加工工場ではパン粉付け作業のみを行っています。 バンズはトーストせずに、スチームすることでフワッとした食感に。

Next

マックの「フィレオフィッシュ」が25年ぶりにリニューアル

ほかほかふかふかなのが特徴です。 その他、韓国釜山〜沿海州、日本海北部〜サハリンを経て オホーツク海・千島列島・カムチャツカ半島、 ベーリング海、アラスカ湾〜カリフォルニア中部沿岸に生息。 おいしさの追求はもちろん、持続可能な社会を目指して、環境問題や社会問題などにも取り組んでまいります。 というわけでカロリーについては変化がなく リニューアル前も後も364Kcal。 そのおいしさに欠かせないのが、具材の特製スライスチーズです。

Next

フィレオフィッシュの魚って何? マクドナルドが25年ぶりに製法刷新

アメリカで捕獲した魚を素早く加工し、日本のマックであげるまで 冷凍のまま保存することで、魚本来の風味や鮮度が保たれます。 このフィッシュ部分を食べた感想はいかがだったのでしょうか? 旧から。 今回の変更は、白身魚のフライである「フィッシュポーション」に対して流通と加工の大幅な見直しとなります。 ~食べてみた感想~ バンズがふわふわになったことで フィッシュポーションのサクサクした 食感が際立つようになりました。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。

Next