カーテン レール ブラインド。 ニトリの木製ブラインドを取り付けてカーテンレールカバーを簡単にDIY!|DIY

カーテンレールにブラインドを取り付けよう! |RESTA DIY教室

STEP3:取り付け当日 取り付けの当日は、指定時間の1時間ほど前になるとニトリさんから電話があり、予定通りの時間に職人さんが来られるので対応お願いします、と確認の電話がありました。 とケチってカーテンを付けていなかった場所でもあります(汗) 家を購入した後、引越し費用や家具を揃えたりと思っていた以上に出費がかさんだので、カーテンをオーダーする際になぜかその窓だけお願いしなかったんです。 カーテンだと長すぎても短すぎても取り付けが難しいので、 既成品を購入する場合はブラインドだととても便利です。 RESTAでは、どなたでも簡単にお部屋の内装を自分で施工していただける様にさまざまなDIYコンテンツや貼り方・施工方法などをご紹介させて頂いております。 取り付けにかかった時間はわずか15分くらいです。 ブラインドの特徴 ブラインドのメリットは、窓にフィットするすっきりした形状と、そのスタイリッシュさにあるでしょう。

Next

ブラインドをカーテンレールに取り付けるには?

ロールスクリーンの特徴 ロールスクリーンは、コードを使ってロール状の布を上下させるタイプのアイテムです。 "遮音""遮光"にはあまり向かない また風通しの良さに反比例し 遮音性が低くなっており、 調光のしやすさに反比例し 遮光性が低くなっております。 窓からの出入りや開け閉めがしやすい• 構造上、両端にどうしても隙間ができてしまうため、冷気や熱気を逃がしてしまい、「断熱」効果もカーテンに比べ劣ります。 生活空間が1部屋に集約されているので、より慎重に検討する必要があるでしょう。 そして今回私が出張採寸していただいてよかったと思うのは、正確な採寸をしていただいたこと、そして取り付けにあたっての 適切なアドバイスをいただいたことです。

Next

今オススメのブラインドはこちら!ブラインドカーテン一覧|パーフェクトスペースカーテン館

商品の決定は採寸完了後からでも大丈夫なのですが、商品によっては家の窓枠に取り付けられないことがあるので、事前に決めておけば採寸時に取り付けの可否も判断してもらえます。 結局私が選んだ商品はNTアルミブラインド25。 当初は汚れが目立たない茶色を選ぼうかと思っていましたが、部屋が明るく見える白色で良かったと思っています。 しかし店舗へ行くと、ニトリのカーテンレールは最短でも幅が28cmからのものしかないことが判明。 そしてここでも 適切なアドバイスをいただきました。 しかしこの金額は出張採寸費用込みです。

Next

カーテン・ブラインド・ロールスクリーンのデメリットとメリットを比較してみました!

また、スラット(ルーバー)にも表裏があります。 スラット幅35mmとスッキリなので小窓にもおススメです。 。 これも同じく窓枠に穴を空けることとなります。 採寸もやってくれるので、素人が採寸して間違う危険性も排除できますしね。

Next

ニトリの木製ブラインドを取り付けてカーテンレールカバーを簡単にDIY!|DIY

一方50mmはやはり重厚感がありますので、それを活かすために幅が広い窓に50mmを選択すると良いでしょう。 次に取り付け費用ですが、 最低料金は9,000円です。 以前にカーテンレールを取り付け依頼したときはこの出張採寸費用は無料でした。 スラットの幅 あと羽根(スラット)の幅の違いでも お部屋の印象がガラッと変わります。 カーテンレールのキャップを取付けます。 この場合は、ネジをしっかり締め直すだけで修理ができます。 木製ブラインドで高価格帯のものは、アルミブラインドと比較すると倍以上は違います。

Next

ニトリの木製ブラインドを取り付けてカーテンレールカバーを簡単にDIY!|DIY

取り付け取り外し費用 最低料金9,000円(ブラインドカーテン1本500円,カーテンレール1本1,500円) ニトリでブラインドカーテンを取り付ける場合、まず出張採寸費用が4,000円~6,000円かかりますが、2019年8月現在、5万円以上のカーテン関連商品を購入すれば ニトリのポイントが5000ポイント貰える(出張採寸費用が4,000円の場合は1,000円得をする)というキャンペーンをやっていました。 側面キャップを戻し、ブラインド本体をブラケットに引っ掛け固定すれば完成です。 湿気や水はねで生地が傷んだりカビが生えてしまいがちです。 ! 多機能 まず、多機能な点があります。 たとえば、南向きや西日が射し込む窓は「UVカット」や「遮熱機能」のあるものを、冬場に結露の多いところには「撥水」タイプをと、それぞれの部屋の特徴をつかんで選ぶと失敗しません。 ブラケットが確実に固定されていることを確かめます。

Next