外国 人 在留 総合 インフォメーション センター。 外国人県民インフォメーションセンター/HIA

新宿に「外国人在留支援センター」7月オープン 就労、人権侵害など対応

ただし、出国後1年以内に同じ在留目的で再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要はありません。 携帯電話からのメールでお問い合わせを頂いた際、携帯電話の設定又は機種によりましては、当方からの回答が届かない場合がありますので、あらかじめ御承知おき願います。 外国人相談窓口 福岡県外国人相談センター(通称:Fukuoka MAIC) 福岡県外国人相談センター Fukuoka MAIC では、日本語を含む19言語で、結婚、子どもの教育、雇用・労働など生活での困りごと、在留・法律相談など様々な相談を窓口、電話、メールにて受け付けています。 ・再入国許可を持っていても、出入国の際には在留カード又は特別永住者証明書を携帯してください。 詳しくは、以下の法務省作成リーフレットをご参照ください。 これらの機関が集結することで、留学生の就職支援や高度外国人材の受け入れ促進、外国人材と家族に対する人権擁護、首都圏や地方の企業からの相談などに対応。

Next

外国人在留支援センター

新型コロナウイルス感染拡大等の影響を受け、休業や雇止め等により生活が困窮し、在留資格の更新や賃貸住宅の契約等、日常生活において様々な不安や悩みを抱えている外国人住民が増えている状況の中、電話またはオンライン(Zoom)を活用して、自身の母語で安心して相談ができる機会を提供します。 外国人在留総合インフォメーションセンターの運営は、財団法人「 入管協会」(入国管理局の天下り用特殊法人と言われている)に委託されており、主に入国管理局の元職員や入国管理局でアルバイトしていた外国人等が対応する。 インフォメーションセンターを活用する 外国人の中には生活様式・風俗習慣・言語などが異なっていることから、入国・在留手続きやその他日本の法律、社会制度などに不案内な方も少なくなく、そのような場合の相談及び情報の提供のため、「外国人在留総合インフォメーションセンター」が開設され、外国人及び本邦の関係者の方に対して、入国関係諸手続、在留関係諸手続及び外国人の入国・在留に関する各書類の記載要領等案内を行っています。 なお,永住許可のガイドラインについては,をご覧ください。 しんじゅく多文化共生プラザの中にある「外国人総合相談支援センター」もそのひとつ。

Next

千葉市:よくあるご質問(FAQ):外国人の在留手続き・再入国許可について教えてください。

相談内容に関する秘密は厳守されますので安心してご相談ください。 電話: 03-5796-7112 (財)自治体国際化協会(CLAIR)の多言語生活情報 外国人が日本で生活するために必要な生活情報をウェブサイトで見ることができます。 住所 電話番号 対応言語 外国人総合相談支援センター 東京都内の外国語サービスのある窓口案内についてはこちら()をご覧ください 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1 東京都健康センター「ハイジア」 11階 しんじゅく多文化共生プラザ内 TEL 03-3202-5535 TEL・FAX 03-5155-4039 中国語・英語(月~金(第2第4水曜は除く)) ポルトガル語(月・火・水) スペイン語(月・火・水) インドネシア語(火) ベトナム語(月・水) タガログ語(金) 外国人総合相談センター埼玉 〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-5 埼玉県浦和合同庁舎3階 TEL 048-833-3296 FAX 048-833-3600 入国・在留手続相談・案内 中国語(月・水・金) 外国人に対する就業等に関する相談・案内 英語・ポルトガル語・スペイン語・中国語・ハングル・タガログ語・タイ語・ベトナム語(火) 生活その他各種生活関連サービスに係る案内 英語・ポルトガル語・スペイン語・中国語 ハングル・タガログ語・タイ語・ベトナム語(常時対応) 浜松外国人総合支援ワンストップセンター 〒430-0916 静岡県浜松市中区早馬町2-1クリエート浜松4階 TEL 053-458-1510 FAX 053-458-2197 入国・在留手続相談及び情報提供(水曜日のみ) 英語・ポルトガル語・スペイン語 生活その他各種生活関連サービスに係る相談及び情報提供(月~日) 相談員のいる言語(曜日,時間は言語によって異なります。 資格外活動許可を受けて行うアルバイトは、週28時間(長期休暇は1日8時間、週40時間以内)と制限されています。 電話:042-481-7111(代表)• みなし再入国許可により出国した者は、その有効期間を海外で延期することはできません。

Next

外国人在留支援センター

(注)在留期限が出国後1年未満の間に到来する場合は、その在留期限までに再入国してください。 このインフォメーションセンターは、仙台出入国在留管理局、東京出入国在留管理局、同局横浜支局、名古屋出入国在留管理局、大阪出入国在留管理局、同局神戸支局、広島出入国在留管理局及び福岡出入国在留管理局に設置されており、英語のほか、韓国語・中国語・スペイン語など様々な言語で、電話や来訪による外国人の入国・在留に関する手続きについての相談に応じています。 1.場所 福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡3階 (公財)福岡県国際交流センター こくさいひろば入口 2.対応時間 午前10時から午後7時まで(12月29日~1月3日を除く) 3.業務内容 (1)センター窓口への来所・電話・メールによる直接相談の受付 〇フリーダイヤル 0120- 279 ( つなぐ ) - 906 ( コール ) (無料) 〇メール fukuoka-maic kokusaihiroba. 法務省入国管理局では、日本で暮らす外国人に対し、在留資格など行政手続の案内と生活に関する相談及び情報提供を行うため、地方公共団体の相談窓口と連携してワンストップ型の相談センターを設置しています。 英語 電話:03-5320-7744(月曜日から金曜日)• 外国人労働相談 電話 団体カテゴリ 行政・公的団体 HP TEL 英語 0570-001701 中国語 0570-001702 ポルトガル語 0570-001703 スペイン語 0570-001704 タガログ語 0570-001705 ベトナム語 0570-001706 相談内容 労働条件のトラブルに関する相談 対応言語 英語・中国語・ポルトガル語 ・スペイン語・タガログ語・ベトナム語 外国人労働相談 電話 団体カテゴリ 行政・公的団体 HP TEL 英語 0570-001701 中国語 0570-001702 ポルトガル語 0570-001703 スペイン語 0570-001704 タガログ語 0570-001705 ベトナム語 0570-001706 相談内容 労働条件のトラブルに関する相談 対応言語 英語・中国語・ポルトガル語 ・スペイン語・タガログ語・ベトナム語. みなし再入国許可とは 有効な旅券及び在留カードを所持する外国人の方が出国する際、出国後1年以内(特別永住者については2年以内)に本邦での活動を継続するために再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなく、この制度を「みなし再入国許可」といいます。 問題は言語の壁だけではありません。 政府は、外国人の受け入れ拡大と共生社会を目指す方針だ。 「外国人の住みやすい大阪」を考える関係機関等連絡会議(「一日インフォメーションサービス」実行委員会) 構成団体: 大阪法務局・大阪出入国在留管理局・大阪労働局・日本年金機構大手前年金事務所・全国健康保険協会大阪支部・大阪府・大阪府警察本部・大阪市・大阪弁護士会・大阪府行政書士会・一般社団法人 大阪府医師会・一般社団法人 大阪府歯科医師会・一般社団法人 大阪府薬剤師会・大阪商工会議所・近畿税理士会・大阪府社会保険労務士会・独立行政法人 日本学生支援機構大阪日本語教育センター・大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館・特定非営利活動法人 関西国際交流団体協議会・公益財団法人 大阪府国際交流財団・公益財団法人 大阪国際交流センター(事務局)• 「日本の女性と結婚したのですが・・・。

Next

外国人在留支援センター、7月に東京・四谷に開所

」 日本に永住を希望する場合 永住許可の申請をしてください。 在留資格の取得・変更・更新 「大学教授として在留中ですが、大学との契約を延長したので、引き続き日本で教えたいのですが・・・。 出入国在留管理行政に関する御意見・御要望 お答えできない内容• 韓国語 電話:03-5320-7700(水曜日) 相談時間 午前9時30分から正午 午後1時から午後5時 外国人の在留手続など 在留資格・期間などの在留関係手続、外国人の招へいなどの入国関係手続きに関すること 外国人在留総合インフォメーションセンター 電話:03-5796-7112 平日 午前8時30分から午後5時15分 この情報はお役に立ちましたか? お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。 ワンストップ型相談センター 地方公共団体の相談窓口と連携して,外国人住民が我が国で生活するために必要な入国管理手続等の行政手続,生活に関する相談及び情報提供を行うため,ワンストップ型の相談センターを設置しております。 相談受け付け日時や言語については,以下を御覧ください。 また、次の言語は、予約にて対応しています。

Next

大阪市:報道発表資料 外国人のための「一日インフォメーションサービス」(電話・オンラインでの無料相談会)を開催します!~13分野の専門家、10言語の通訳~

腕章等の着用がない場合、取材いただけないことがございますのでご注意ください。 日本語 毎日)• 「長く日本で生活してきたので、このまま日本で一生を過ごしたい。 永住許可の申請に関する見通しについてもお問い合わせいただくことがありますが,当インフォメーションセンターでは回答することができません。 この相談会では、法律、人権、出入国・在留、労働、職業、保険年金、生活、税金、医療、歯科、薬剤、進学、子育て、その他生活一般の、多岐に渡る分野の専門家が参加し、外国人住民に情報の提供や相談対応を行います。 たとえば、離婚の相談であれば、その中に在留資格、子どもの親権、住居、経済的な問題などさまざまな問題が絡み合ってくるのです。 (21)外国人在留総合インフォメーションセンター (組織の紹介) 各地方入国管理局・支局に設置され、入国手続や在留手続等に関する各種問い合わせに応じています。 2012年4月からセンターの運営を受託している特定非営利活動法人国際活動市民中心(CINGA)代表理事の黒澤玉夫さんと副代表理事の加藤博義さんも同席してくださいました。

Next