関数 小数点 以下 切り捨て。 エクセル 小数点第2位 切捨て方法

負の整数における小数点以下の切り上げと切り捨て方法

問題 【】 GoogleDreiveで表示されます。 数値または数値が入力されたセルを桁数に切り捨てる。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることで資料を見る人が理解しやすくなります。 01と0. 「ROUNDUP」を選択すると、次は「 数値」を指定 入力 するよう下側に表示される補足文字が太字で強調されます。 先述の通り、切り捨ての場合も考え方は同じです。 今回ご紹介するのは、小数点以下の切り捨てに便利なTRUNC関数。 テーブルスタイルなど便利な機能についても説明します。

Next

小数点以下を切り捨てる…INT関数

まずは切り捨てた結果を表示させたいセルをし、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 下のエクセルのように、B3に 『-12345. 5" のように、小数の値を表示するには、どうすればいいの? 《補足:数式の後ろに追加する「,0(ゼロ)」の説明》 ROUND系の関数では、切り捨てや切り上げを数値のどの桁で行うのかを指定する必要があります。 というわけで、この数式は「B1番地の数字を、桁数が「1」になるように切り上げてね」と読み替えることができます! ここまでは「切り上げ」の「ROUNDUP」関数で使い方をご紹介しましたが、「切り捨て」も「四捨五入」も操作は全く同じ! ただ関数が「ROUDDOWN」や「ROUND」になるだけ。 これで、余計な小数点以下が表示されずに整数が表示されるようになります。 表示形式を利用したこれらの四捨五入は、ROUND関数と違い表示を利用した簡易的な四捨五入と言えます。 ただし、INT関数は負の場合は整数部が切り上がるので注意する。 ちなみに、TRUNCという名前は、切り捨ての意味である『TRUNC』が由来のようです。

Next

【エクセル】SUM関数で小数点以下を切り捨てる方法

戻り値は、切り捨て/切り上げられたDecimal型もしくはDouble型の整数値となる。 Floor Decimal Math. ここで[ 小数点以下の桁数を増やす]ボタンをクリックして...... 14 のように、小数点第三位を四捨五入して第二位までセルに表示させるならば「 桁数」の部分には 2が入ります。 小数点以下に切り捨てる時は1,2,・・・と正数を指定します。 構文と引数を見てみましょう。 切り上げには「ROUNDUP関数」で対応 最後に「切り上げ」ですが、 ROUNDUP(ラウンドアップ)関数を使いましょう。 [セルの書式設定] をクリックするのね? 関数に慣れてきたら、E1番地に直接この数式を入力してもOKです。

Next

エクセルの四捨五入で関数を使うやり方と使わないやり方

INT関数の概要は次のとおりです。 一方の「ROUND関数」列はというと...... 計算をした場合に、表示されていない端数でズレが起こることもあります。 ROUNDDOWN関数と違い、切り捨てる桁数を省略できます。 オートフィル 「オートフィルオプション」、使いこなしていますか?Excelを使っていると、セルの値や数式を下方向や横方向にコピー(オートフィル)する機会が頻繁に訪れますが、こんな時に役立つのが「オートフィルオプション」です。 対象:Excel97,Excel2000,Excel2002,Excel2003,Excel2007 「数値が勝手に四捨五入されるのですが...?」 「... Excelにおける端数の処理を総まとめ Excelの表を作成するとき、数値を「 四捨五入」「 切り捨て」「 切り上げ」する機会があると思います。 その場合の[桁数]の考え方はROUNDDOWN関数と同じですので、桁数については「」をご覧ください。 桁数が負の数の場合、その桁の数を切捨て。

Next

小数点以下を切り捨てる…INT関数

45」を丸めるとより小さい「-24」という結果になります。 これは書式の設定によるものです。 売上管理や在庫管理だけでなく、端数の処理をするときに使ってみてください。 切り捨てには「ROUNDDOWN関数」を使う 続いて「切り捨て」には、 ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数を使います。 手軽に四捨五入できて便利なのですが、この方法では 見た目上の数値が変わるだけで、セルに入力されている実際の数値は変わらないことに注意してください。 桁数は0の位に四捨五入する時は0を指定します。 ただ、四捨五入に関しては、関数を使わないもう1つの方法があります。

Next

ROUNDDOWN(切り捨て)

5は「1」、-1. セルの表示形式を使って四捨五入した場合との違いや、その他の関連する関数まで総まとめします。 今回は、 『小数点以下は無条件に切り捨てる』ことを前提とした関数を紹介しました。 5の場合を考えてみましょう。 TRUNC関数を使って、小数点の何桁で四捨五入することもできます。 何も指定しない場合は、「0」が指定したものと見なされ、小数点第一位が切り捨てられ、引数で指定した数値は整数になります。 [数値]欄の中に文字カーソルが入っていることを確認したら、 切り捨てたい数字が入力されているB1番地をクリックで選択すると、[数値]欄にそのセルを指定することができました。

Next