行政 手続 法 と は。 行政手続法 (岩波新書)

【公務員試験科目攻略】行政法 ⑥ 行政手続法

「届出」の意味については後述する。 (4) 行政指導指針(同一の目的を実現するために一定の条件に該当する複数の者に対し行政指導をしようとするときにこれらの行政指導に共通してその内容となるべき事項) のことをいいます。 (不利益処分をしようとする場合の手続) 行政庁は、不利益処分をしようとする場合には、不利益処分の名あて人となるべき者について、許認可等を取り消すなどの不利益処分をしようとするとき等には、その他の不利益処分をしようとするときはの機会の付与を、意見陳述のための手続として執らなければならない。 これを受けて、ほとんどの自治体では 「行政手続条例」が定められています。 許認可の取消• 理由提示の原則• その趣旨は公平性、明確性の確保であり、行政指導を効率的に実施するためのものではない。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 『行政手続法』岩波書店〈岩波新書〉、1994年2月。

Next

行政法講義ノート第16回

恩赦に関する命令• 審査請求、再調査の請求その他の不服申立てに対する行政庁の裁決、決定その他の処分• ・「聴聞の期日に出頭して意見を述べ、及び証拠書類又は証拠物(以下「証拠書類等」という。 聴聞主宰者)、文書閲覧許可等(第 18条第1項。 申請に対する処分の手続き まず「申請」とは法令に基づき、自己に何らかの利益を付与する処分を求める行為、 要は許可してくださいとか、免許交付してくださいとか、行政側に何らかの行為を求める行為です。 覚えるのはこれだけ! めっちゃシンプルに覚えましょう。 一 行政立法のうちの上記以外のもの、行政契約、行政計画など(将来の課題?) 二 行政上の強制執行、即時強制、行政調査など(固有のしくみが求められるため、とされる) そして、次のいずれかに該当する場合には「行政手続法」の適用が除外される。

Next

問題13 行政法・行政手続法 (平成28年度)

例えば、「申請に対する処分」について、第6条(標準処理期間の設定)、第9条(情報の提供)、第10条(公聴会の開催)が努力義務規定である。 歴史 [ ] 制定までの経緯 [ ] 行政権の統制について、手続が適正であれば結果も適正であるとして、その手続を重視するという思想は特ににおいて古くからみられるものである。 略称はVwVfG)が制定される。 すなわち、「最初の聴聞の期日の冒頭」に、聴聞主宰者が行政庁の職員に、予定されている不利益処分の内容、およびその根拠となる法令の条項、さらにその不利益処分の原因となる事実を「聴聞の期日に出頭した者に対して説明させ」ることから始まる(同第1項)。 処分、行政指導のうち、当該分野に慎重な手続きがあるもの(1-4号)、刑事手続きの一環として処理されるもの(5,6号)、事後の手続きが望ましいもの(7-10号)、一律の適用になじまないもの(11-16号)• ただし、行政手続法第 39 条第4項に該当し意見公募手続を実施しないで命令等を定めた場合には、その命令等の公布と同時期に意見公募手続を実施しなかった旨やその理由などを公示することになっています。 国民の権利利益の保護という観点から、立法にあたって特に定めを置いたものである。

Next

多治見市/行政手続法適用の審査基準

ここでは概略のみを示しておくこととしよう。 この規定には、命令の相手方に対する告知、弁解、防御の機会を与えるという趣旨が盛り込まれていない。 札幌地判平成 20 年2月 29 日民集 65 巻4号 2119 頁は X1 の請求を棄却し、札幌高判平成 20年 11月 13 日民集 65 巻4号 2138 頁も X1 の控訴を棄却した。 しかし、本書は、行政手続法について深く学ぼうとする場合には、最高の解説書だ と思います。 なお、標準処理期間は、あくまで申請の処理にかかる期間の「目安」を定めたものなので、必ず標準処理期間内に申請に対する応答があるとは限りません。 )が必要となる業務をいう。 (5) 行政庁に対し、処分と同時に理由の提示(理由付記などが該当する)を行うことを行為義務として課する規定は、第8条および第14条として「行政手続法」に置かれている。

Next

総務省|行政手続法|行政手続法の概要

)、第五十三条第三項、第七十六条及び第七十七条の二の改正規定を除く。 以下、「行政手続法」の構造を概観する。 国全体のルールについて、国の手続き上のルール(行政手続法)を適用することは、なんら問題がないわけですね。 しかし、行政法学において行政手続法が重要視されるようになったのは第一次世界大戦後であろう。 なお、電子政府の総合窓口(e-Gov=イーガブ)()というインターネットのサイトでも検索することができるものもあります。

Next

パブリックコメント

・命令等制定手続の公正性の確保と透明性の向上。 )を使用して行わせることができる。 また、行政手続法第39条第4項 に規定されている特殊な事情に当たる場合(例えば、公益上、緊急に命令等を定める必要がある場合や、 意見公募手続を実施するに値しないほどに軽微な変更を定める場合など)には、意見公募手続を実施する必要はありません。 三 施設若しくは設備の設置、維持若しくは管理又は物の製造、販売その他の取扱いについて遵守すべき事項が法令において技術的な基準をもって明確にされている場合において、専ら当該基準が充足されていないことを理由として当該基準に従うべきことを命ずる不利益処分であってその不充足の事実が計測、実験その他客観的な認定方法によって確認されたものをしようとするとき。 その救済には、事前・事後を総合的に捉える視覚が重要である。 (行政指導の方式) 行政指導に携わる者は、その相手方に対して、当該行政指導の趣旨及び内容並びに責任者を明確に示さなければならない(1項)。 法律による行政の原理が憲法上の明文の根拠に依拠していないことを指摘して、国民の権利や利益を、実体的に保障するのは当然として、手続的にも保障することが憲法上の要請である、と述べる。

Next

総務省|行政手続|行政手続法、行政不服審査法についての照会窓口のご案内

許認可にかかる業務停止命令、工事計画の廃止を命ずる処分、建築物の除却処分• なお、上記(1)の「聴聞の手続」と比較してその内容が軽い不利益処分を対象とする手続であるため、口頭で意見を述べることや、不利益処分の理由となる事実を証明する資料などの閲覧が認められていません。 ここにいう透明性とは、処分の相手方(名宛人)、行政指導の相手方など、利害関係者にとっての透明性である。 そのため、地方公共団体は、行政手続法の趣旨にのっとり、 必要な措置を講ずるよう努めることになっています。 (当事者の不出頭等の場合における聴聞の終結) 主宰者は、当事者・参加人の全部若しくは一部が正当な理由なく聴聞の期日に出頭せず、かつ、陳述書もしくは証拠書類等を提出しない場合、これらの者に対し改めて意見を述べ、及び証拠書類等を提出する機会を与えることなく、聴聞を終結することができる。 これさえ理解してしまえばあとはカンタン。 届出は、「行政手続法」第2条第7号により、「 行政庁に対し一定の事項の通知をする行為(申請に該当するものを除く。 しかし、行政強制は一つの制度として存在するし、行政決定の事後に行われるものであるため、別項目として概説する。

Next