原子力 損害 賠償 廃 炉 等 支援 機構。 原子力損害賠償・廃炉等支援機構法

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法|条文|法令リード

- 理事長• 人的関係においても、当機構の副理事長はOB、3名の常勤理事のうち2名はとからの出向者、1名は(旧、現)の元役職員となっている。 e-Gov法令検索. 運営委員会 機構に運営委員会を置き、委員10人以内ならびに機構の長、副理事長および理事をもって組織し、資金援助および負担金の額等の議決などの事項について、議決を行う。 2019年9月末現在、東京電力への資金援助の総額は10兆円強(資金の交付:9兆1888億円、株式の引受け:1兆円)である。 経済産業大臣がを兼務し、特命大臣の下に置かれる内閣府原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当室が所管事務を担当している。 (国の責務)第二条 国は、これまで原子力政策を推進してきたことに伴う社会的な責任を負っていることに鑑み、原子力損害賠償・廃炉等支援機構が前条の目的を達することができるよう、万全の措置を講ずるものとする。 2014年8月18日の改正以前の題名は「 原子力損害賠償支援機構法」。

Next

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の一部を改正する法律の施行期日政令及び施行令が閣議決定されました(METI/経済産業省)

第2章 原子力損害賠償責任 第17条の3 原子力事業者は、特定原子力損害 (原子炉の運転等により生じた原子力損害のうち、原子力災害対策特別措置法 (平成11年法律第156号)第15条第3項又は第20条第2項の規定により内閣総理大臣又は原子力災害対策本部長 (同法第17条第1項に規定する原子力災害対策本部長をいう。 役員等 機構に、役員として理事長1人、副理事長1人、理事6人以内および1人を置く。 ・汚染されていない農水産物などに関わる生産、営業に生じる風評被害による損害 日本の原子力損害を賠償する制度は、「原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)」と「原子力損害賠償補償契約に関する法律(補償契約法)」という二つの法律から成り立っています。 英語表記はNuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporationで、略称NDF。 原賠法では、被害者の保護を図るとともに、事業者の経営の安定も図ることを目的に、次のことが定められています。

Next

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の求人概要

財務および会計 機構は、毎事業年度、損益計算において利益を生じたときは、前事業年度から繰り越した損失を埋め、なお残余があるときは、その残余の額は、積立金として整理しなければならないこととし、特別資金援助を行った場合には、当該残余があるときは、国債の償還を受けた額の合計額から既に国庫に納付した額を控除した額までを限り、国庫に納付しなければならない(第56条-63条)。 )、法の規定による命令(同章の規定を施行するために行うものに限る。 福島第一原子力発電所の事故により被害を受けた方々の原子力事業者に対する原子力損害の賠償請求について、円滑、迅速、かつ公正に紛争を解決する公的な紛争解決機関として、2011年3月に原子力損害賠償紛争解決センター(ADRセンター)が設置されました。 設立 機構を設立するには、3人以上の発起人が機構のを作成し、定款を主務大臣に提出して、設立のを申請しなければならない(第9条-13条)。 機構による特別資金援助 政府の特別な支援が必要な場合には、機構が原子力事業者とともに「特別事業計画」(損害賠償額の見通し、資金援助の内容及び金額、経営合理化の方策等を記載)を作成して主務大臣の認定を受けます。

Next

豊永 晋輔

2014年度 - 600億円• ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 金井哲男 - 元長(から当機構への役員出向)• 副理事長及び理事は、理事長が主務大臣の認可を受けて任命する(第23条-34条)。 委員は、みなし公務員とする(第22条の2-7)。 主務大臣の認定後、政府は機構に国債を交付し機構からは原子力事業者に対して必要な資金を援助します。

Next

原子力損害賠償・廃炉等支援機構法

2011年9月12日 - が設立登記を行い原子力損害賠償支援機構発足• 確保された資金は廃炉プロジェクトの進み方等を踏まえ 安定性だけでなく流動性と効率性をも確保しながら、バランスよく運用する必要があります。 )第3条の規定により原子力事業者がその責めに任ずべき額が賠償法第7条第1項に規定する賠償措置額を超える原子力損害が生じた場合において、当該原子力事業者が損害を賠償するために必要な資金の交付その他の業務を行うことにより、原子力損害の賠償の迅速かつ適切な実施を確保するとともに電気の安定供給その他の原子炉の運転等に係る事業の円滑な運営の確保を図るとともに、原子力事業者が設置した発電用原子炉施設又は実用再処理施設が第64条の2第1項の規定により特定原子力施設として指定された場合において、当該原子力事業者が廃炉等を実施するために必要な技術に関する研究及び開発、助言、指導及び勧告その他の業務を行うことにより、廃炉等の適正かつ着実な実施の確保を図り、もって国民生活の安定向上および国民経済の健全な発展に資することを目的とする(第1条)。 2015年度 - 1兆2477億円• 政府による資金の交付 政府は、著しく大規模な原子力損害の発生その他の事情により、電気の安定供給その他の原子炉の運転等に係る事業の円滑な運営に支障を来し、または当該事業の利用者に著しい負担を及ぼす過大な額の負担金を定めることとなり、国民生活および国民経済に重大な支障を生ずるおそれがあると認められる場合に限り、予算で定める額の範囲内で機構に対し必要な資金を交付することができる(第68条)。 )を実施するために必要な技術に関する研究及び開発、廃炉等積立金の管理、助言、指導及び勧告その他の業務を行うことにより、廃炉等の適正かつ着実な実施の確保を図り、もって国民生活の安定向上及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。 ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

Next

豊永 晋輔

特別事業計画の認定等 機構は、資金援助の申込みがあった場合において、資金交付に要する費用に充てるため、の交付を受ける必要があるときは、運営委員会の議決を経て、申込みを行った原子力事業者と共同して、原子力事業者の経営の合理化のための方策、原子力損害の賠償の履行に充てるための資金を確保するための原子力事業者による関係者に対する協力の要請その他の方策等を記載した計画を作成し、主務大臣の認定を受けなければならないこととし、その際、機構は、当該原子力事業者の資産に対する厳正かつ客観的な評価および経営内容の徹底した見直しを行うとともに、当該原子力事業者による関係者に対する協力の要請が適切かつ十分なものであるかどうかを確認しなければなければならない(第45条-47条)。 当機構に係る主務大臣は、内閣総理大臣、経済産業大臣及び文部科学大臣である。 負担金(第35条) 原子力事業者は、機構の事業年度ごとに、機構の業務に要する費用に充てるため、機構に対し、負担金を納付しなければならない(第38条-40条)。 組織 [ ]• 会計検査院、2018年3月23日• )並びに法の規定による報告の徴収及び立入検査(同章の規定を施行するために行うものに限る。 2014年5月21日:「原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律」(平成26年5月21日法律第40号)公布。 2014年5月14日 - 原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律が成立• )が市町村長 (特別区の区長を含む。 )は、(以下「賠償法」という。

Next