不正 アクセス 禁止 法 と は。 不正アクセス禁止法とは?不正アクセス対策と事例をわかりやすく解説

blog.ln-online.de:犯罪者から守るためにも、犯罪者にならないためにも知っておこう「不正アクセス禁止法」基礎知識

不正アクセス行為の禁止(第3条)• この法律の目的は、インターネットを通じて行われる、 コンピューターやスマートフォンに関わる犯罪の防止や、インターネットに関する 秩序の維持を図り、高度情報通信社会の健全な発展を目指すこと、とされています。 裁判結果としては、 罰金、執行猶予付、保護観察付執行猶予、実刑の判決が考えられます。 また、業務妨害罪についての記事でも触れましたが、親告罪は「被害者による刑事告訴がないと起訴できない犯罪」ですが、「親告罪でなければ告訴できない」わけではありません。 1.不正アクセス行為 不正アクセス禁止法では、他人のコンピュータに不正にアクセスする行為が禁止されています。 つまり、「セキュリティ・ホール攻撃行為」とは、この仕組みを無効化することにより、正しいIDおよびパスワード等の入力なしに当該コンピュータシステムを利用できるようにすることといえます。

Next

サイバー犯罪から身を守るためにも知っておきたい、不正アクセス禁止法の基礎知識

この場合、どのような対処が可能でしょうか。 このため、 被害届を出す際には警察の理解を助けるために法的観点と技術的観点の両面から丁寧な説明をする必要があります。 そして、検察官は、捜査の結果を踏まえ、通常、勾留満期までに、被疑者を不起訴処分(起訴猶予)にするか公訴提起するかを決めます。 ではどういった行為がこれに該当し、またその罰則はどうなっているのでしょうか。 「不正アクセス行為の用に供する目的」とは、取得者自身に他人のID・パスワードを用いて不正アクセス行為を行う意図がある場合のほか、第三者に不正アクセス行為を行う意図がある場合に、そのことを認識しながら当該第三者にID・パスワードを提供する意図を持って取得する場合のことをいいます。 この事件では、不正に入手したIDとパスワードを使った行為が不正アクセス禁止法違反の疑いがあるとして、男二人が逮捕されている。 不正アクセス禁止法とは 不正アクセス禁止法は、2000年に施行されましたが、サイバー犯罪の深刻化等の事態を受け、2012年に改正されました。

Next

サイバー犯罪から身を守るためにも知っておきたい、不正アクセス禁止法の基礎知識

ここでいう管理とは、特定電子計算機をネットワーク経由で利用させる際に、誰に利用させるか及びその利用の範囲について決定することをいいます。 インターネットへのアクセスではパソコンからスマートフォンが主体となり、SNSやキャッシュレス決済などへの依存度も高まりつつある。 フィッシングサイトの構築やいわゆるフィッシング行為がこれに当たります。 もし不正アクセスに気づいたら、 早急に専門の業者に調査を依頼する等の対応を行い、他の人に被害が及ぶ前に食い止めましょう。 ロックの設定されていないLINEやメールに届いているメッセージを見る行為も、不正アクセスには該当しません。 「不正取得罪」も「不正助長罪」も発覚すれば「1年以下の懲役または50円以下の罰金」ですが、不正アクセスが目的であることを知らずに他人に情報を提供した場合でも30万円以下の罰金が設けられている厳しい罰則です。 インターネットの黎明期に増加した不正アクセス行為を禁止するため、不正アクセス禁止法が施行されてから約20年が経過。

Next

不正アクセス行為の禁止等に関する法律

攻撃用プログラム等を使って識別符号以外の情報や指令を攻撃対象に与えて、他人のコンピュータのアクセス制御機能を回避し、無断でコンピュータを利用します。 企業が運営するサイトはもちろん、個人が利用しているWebサービスにおいても何らかの不正アクセスによる違法行為が疑われる場合には、管轄の警察本部に設置されているサイバー犯罪相談窓口に速やかに相談と通報をしましょう。 誰しもが不正アクセスを行える時代という認識を デジタルテクノロジーが生活の中に浸透しつつある中で、不正アクセスによる被害の影響範囲も広がっている。 不正アクセスでクレジットカード情報流出 スポーツ用品の通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかりました。 提供先に不正アクセス行為の用に供する目的があることを知りながら提供した場合、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」に、知らなかった場合「30万円以下の罰金刑に処される可能性があります。

Next

不正アクセス禁止法(不正アクセス行為の禁止等に関する法律)とは

何かおかしいと感じたら、 専門の業者に調査を依頼してみるのもいいかもしれません。 偽のウェブサイト上にID・パスワードを入力するよう求める文章、入力欄及び送信用のボタンを表示して、ID・パスワードを入力させようとするのが「サイト構築型」で、偽の電子メールを送信して、電子メールの本文欄にID・パスワードを入力するよう求める文章、入力欄及び送信用のボタンを表示するか、あるいは、これらの情報が表示されるプログラムを添付して、電子メールそのものや添付ファイルにID・パスワードを入力させようとするのが「メール送信型」です。 ) 二 アクセス制御機能を有する特定電子計算機に電気通信回線を通じて当該アクセス制御機能による特定利用の制限を免れることができる情報(識別符号であるものを除く。 普段からできる不正アクセス対策とは? 「不正アクセス禁止法」を見ていくと、インターネットを利用している人であれば遭遇しやすい内容が多いことがわかります。 今週のSecurity Check 第195回 問題を一つ。

Next

不正アクセス禁止法とは?不正アクセス対策と事例をわかりやすく解説

・第3号 セキュリティホールなどから侵入したパソコンを利用し、アクセス権限のないシステムに不正にアクセスすること。 他人の識別符号を不正に取得する 不正アクセスの目的で他人の識別符号を不正に取得する行為を働いた場合、不正取得罪が成立し「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処される可能性があります。 ・第2、第3の類型は、攻撃用プログラム等を用いて特殊なデータを入力し、アクセス制御機能を回避して、 ID・パスワードにより制限されているコンピュータの機能を利用する行為ということになります。 フィッシングサイトを用いずとも、正規の管理者になりすましたメールを送信し、IDとパスワードを窃取 しようとする行為も、フィッシング行為に分類される。 もちろん、定期的に変えることも対策の一つです。 不正アクセス禁止法違反として検挙されるのはこのケースが多い。

Next